古代史掲示板

渡来人研究会の古代史掲示板です。

縄文・超古代史掲示板



カテゴリ:[ 歴史 ] キーワード: 日本古代史 古代史 渡来人


新着順:4026/8044


[4147] 天の岩戸の原形がここに隠れている!

投稿者: 史実探偵: 平 素人 投稿日:2017年12月17日(日)15時48分33秒   通報   返信・引用   編集済

 <坑道を掘り出した ズリ・土石の廃棄はどこへ?>
  (猪目の峠茶屋跡から7分ほど登った所から、北に向かう道跡の行き止まり斜面下)
入口を出たところの斜面へ放るのが一番手っとり早い。広場も造れるしぃ^^!。
  “天の岩戸の始源の形がここに埋まっている!”
実地を確かめないと分かりませんが、そこに「掘削した角ばった石」が含まれていれば、坑口の場所が確定的となり、ズリの中の大きな石は斜面の下の方へ転がり寄っている可能性があります。さらに、その量から、どの程度掘り進んでいたかも分かってきます。予想する坑道の長さは十丈。十には、一つ二つのつが付かない止まりの意があります。そして、約1700年前の冬至の朝の御斜光が、南東の谷あい鼻突峠あたりから坑道の奥まで射しこむように掘られていると思いますよ^^!  その朝ノボリにあるような八雲がかかっていれば最高! さて、坑道の奥に設えた石棚の上には何が幽閉されているのでしょうか? 勾玉?銅戈?それとも銅鏡? 今も、それ等があるのでしょうか(銅鏡は〇〇百年前の隕石の冬による大飢饉時に「お日様を幽閉したのはまずかった」と合議し岩戸開きして取り出したか??) 蛇足ながら、岩戸の前には “シメ縄が張ってあったはず”ですから、発掘には細心の注意をはらってネッ^^!。『此処に、そのズリの有る無しがこの論の正否を決める!』さて、あなた様は、どうされますう(^-^)?

http://fujorinokuukan.blog108.fc2.com/blog-entry-81.html


新着順:4026/8044


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.