teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安市場 bag53(1)
  2. ブランド激安市場 bag53(1)
  3. ガガミラノコピー(0)
  4. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  5. ぽろりっ(0)
  6. つぶやきを俳句日記に(0)
  7. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


リヤカーで巨峰を売りに少年や

 投稿者:淡雪  投稿日:2019年 9月10日(火)18時07分4秒 ntngno129063.ngno.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  1867のまま
  朝のこすゴウヤをとりて冷蔵庫
  百日草枯れ花つんで朝日くる
  リヤカーで少年巨ほうを運び来る
あの方の句
  上空が渦巻いており麦の秋
俳句界9月号別冊
  黒揚羽迷い込みたる大聖堂  東京 杉本とらを
母の歌
  難聴の夫のテレビの音高し三時間夏の夜は更く
今日の句
  猫の子に嗅がれてゐるや蝸牛(蝸牛―夏)才磨
 
 

「いってきます」夏眠あけの声ありて

 投稿者:淡雪  投稿日:2019年 8月25日(日)13時39分36秒 ntngno129063.ngno.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  1867→1876 まあ、足跡ありました。
  一個300円ひとりじめして桃の汁
  昼食は個々のおもいで酢のきゅうり
  どら焼きを昼の食にやチングルマ
  「いってきます」夏眠あけの声ありて
あの方の句
  人波を離れて雨後のヘゴ光る
俳句界9月号別冊
  富士山の影を崩して田植えかな
今日の句
  行く女袷着なすや憎さまで  (袷―夏)太祇
  
 

月見草常念岳は紺みどり

 投稿者:淡雪  投稿日:2019年 7月30日(火)17時48分44秒 ntngno122177.ngno.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  1867・・・2つ、増えていました。
  月見草常念岳は紺みどり
  茶カーテン閉じられたままあざみ菊
  カッコウやふりむけば完全黙秘
  水とり口ちかくに1本むらさきの花
あの方の句
  滝壺を出てただ雲海があるばかり
俳句界別冊p9
   フルートの音の遠くより朧月  福岡 上野山敏子
今日の句
  蚤のあと数えながらに添乳かな  (蚤―夏)一茶
 

手つくりのキュウリを朝夕力こぶ

 投稿者:淡雪  投稿日:2019年 7月12日(金)17時49分42秒 ntngno122177.ngno.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  1865のまま
  冷タオルゆうべの時に首に巻き
  手つくりのきゅうりを朝夕力こぶ
  だるい時ダンス会行く白ブラウス
あの方の句
  滴りて月の音色となりにけり
俳句界7月号
  藤ゆれて雨の匂ひをこぼしけり  千葉 原 瞳子
今日の句
 不二一つうづみ残して若葉かな   (若葉―夏)蕪村
 

白はかま城を背にして鼓を百里

 投稿者:淡雪  投稿日:2019年 7月 1日(月)16時35分31秒 ntngno122177.ngno.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  1865になっていました。3月19日からずっとお休み。
  白はかま城を背にして鼓を百里
  蕗煮つけ急いでかためホタルイカ
  麦わら帽健診受けにビートル車
あの方の句
  蕎麦咲いて空に接するところかな
 

さくら見に瀬戸内わたる姫一軍

 投稿者:淡雪  投稿日:2019年 3月19日(火)18時17分16秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1833→1854 10月からずっと3月まで、お休みしていました。句でてくるかしら。
  さくら見に瀬戸内わたる城の姫
  秀吉の一夜の城とさくら河
  蕗みそやごはんとたべる春はじめ
あの方の句
  落椿たどって水をむすびけり
 

バレー部の全国覇者も菊の首

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年10月17日(水)09時50分9秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1833・・・前は?すっかりお休み・・。
今日は
  バレー部の全国覇者も菊の首
  シニア衆枯れ木のなかにバラ大輪
  一人家経験すれば朱鷺しろく
あの方の句
  十五夜の風呂場に三つ穴があり
俳句界10月号 別冊
  毎日が加速してをり濃紫陽花  千葉 夏目当代
母の歌
  編みつぎて夫に贈らんカーデガン夜を徹したる思ひ実る
今日の歌
  死にもせぬ旅ねのはてよ秋のくれ  (秋のくれ―秋)芭蕉

 

七五三着る服そろえ床にいる

 投稿者:紅香  投稿日:2018年10月 7日(日)05時50分6秒 sp1-72-1-209.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
  あら、確認していたら、消えてしまった…のでもう一度
  七五三着る服そろえ早寝する
   土曜の夜外食せずに庭ささげ
   塀の花咲き誇りいて平和な日
なんとか、スマホでつくれました。
 

シソとりてとうふのわきに平和かな

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 8月11日(土)21時19分11秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1818に。ここのところ、俳句作りを忘れかけています。うーーん
  シソとりて豆腐のわきに平和かな
  ワンピースワーゲンのりこみお買い物
  鉄火みそつくりしナスと店ピーマン
あの方の句
  貝殻の奥より午砲ひびくなり
俳句界別冊p9
  島ひとつ浮かべて海女の潜りけり  岐阜 七種年男
(島が浮かび手前の海女がもぐる情景がはっきり浮かんでいい)
母の歌
  座れざる不作法かこつ足萎えを働きすぎと人は言ふなり
今日の句
  猫の子に嗅がれてゐるや蝸牛  (蝸牛―夏)才麿
 

醒める文昨年の人冷蔵庫

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 7月15日(日)10時11分44秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1795→1804 46日目
  クーラーをきかせた部屋でホットティー
  草の取り今日は南の軒の下
  しその葉を5枚むいで朝テレビ
  語気あらく昨年の人ら冷蔵庫
あの方の句
  雨にゆく人を見送る雨の中
  (やさしく静かな心ですね)
俳句界7月号  別冊p9
  一人静いつかひとりとなる二人  東京 竹田吉明
母の歌
  問い返す夫との会話二度三度語気荒くなり涙出てくる
今日の句
  花いばら故郷の道に似たる哉  (花茨―夏)蕪村
 

レンタル掲示板
/80