teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安市場 bag53(1)
  2. ブランド激安市場 bag53(1)
  3. ガガミラノコピー(0)
  4. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  5. ぽろりっ(0)
  6. つぶやきを俳句日記に(0)
  7. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


庭いちご小粒すっぱくも器なか

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 5月31日(木)18時01分59秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1792→1795 あら、3つ増えていました。
  花しょうぶ取り返すぞ19万
  庭いちご小粒すっぱくも器なか
  相棒のストレス解消バラの抜き
  カッコウの声「かっこう」近くや遠くでも

あのかたの句
  わたくしのどの辺が海月なのかな
俳句界6月号別冊p8
  木の芽晴れいのち宙(そら)へと立ち上がる
母の歌
  作歌せぬ己責めつつ夏も過ぎ秋も短く稲を刈りをる
今日の歌
  心ここになきかななかぬか時鳥  (時鳥―夏)西鶴


 
 

保冷剤長髪なびかせシューの店

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 5月16日(水)22時41分21秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1787→1792  あら増えていました。
  保冷剤長髪なびかせシューの店
  新緑や関西旅行はうん万円
  夏ひざし洗濯10キロ布覆い
あの方の句
  道の辺のあやめにあまた道のあり
俳句界5月号 別冊p9
  くしゃみしてあらゆる音をはねのける  北海道 和佐尚子
母の歌
  思いこみ深しと医師は笑ひたり余命は神のおぼしめしとて
今日の句
  白桃や雫もおちず水の色  (白桃―夏)桃隣  
 

草取りや来る人あれば膝をつき

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 5月 1日(火)18時07分46秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  あら1787に増えている
  草の取り来る人あれば膝をつき
  竹婦人睡魔おそわれ壁はかい
  菜の花やシンクロ大会近づいて
あの方の句
  駈け降りて登る岬や春の星
俳句界5月号別冊p9
  水を割り翁しづかに寒泳ぎ
母の歌
  座れざる無作法かこつ足萎えを働き過ぎの人は言ふ
今日の句
  馬ぼくぼく我を絵に見る夏野かな  (夏野ー夏)芭蕉
 

ウドやすく酢味噌あえで夫も完食

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 4月29日(日)21時49分12秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1784のまま
  ベコニアや買う時間つくり塀のそと
  ウドやすく酢味噌あえで夫も完食
  夫の取りし菜の花浸し加わって
  家事こなす単純ごとや石垣に
あの方の句
  白椿咲いていて僕寝ていたり
俳句界5月号別冊P11
  ラーメンに並ぶ若者日脚伸ぶ
母の歌
  若くない老いともいへぬ六十六歳ひた働きて夕映え仰ぐ
今日の歌
  湯殿山銭ふむ道の泪かな  (湯殿詣-夏)曽良
 

柳花雪のように芝生おり

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 4月28日(土)22時02分47秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1784とそのまま
  柳花雪のように芝生おり
  イチゴ花訴訟原稿読み直し
  予定表日曜確認ネギのぬた
あの方の句
  ことわりが菜の花となりはじけおり
俳句界5月号p108
  美しく桜は息継ぎを覚え
母の歌
  連休のレジャー情報そよ風と聞き流しをり野良に汗拭く
今日の句
  菜の花にぱっとまばゆき寝起哉  (菜の花―夏)杉風
 

跳んできた積雪みせる柳花

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 4月27日(金)21時28分24秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1784のまま
  飛んできた積雪みせる柳花
  城ガイド2つできて春の堀
  タケノコの煮つけも食べて祝い宴
あの方の句
  菜の花が菜の花をはみだしており
俳句界5月号 別冊p9
  水を割り翁しづかに寒泳ぎ
母の歌
  相続の税の重きを聞きてより石となるまで生きぬと誓ふ
今日の句
  さくらさくら散って桂人の夢に入る  (桜―春)無膓

  
 

わからないパソコン嵐かイチゴ花

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 4月26日(木)23時04分48秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  あら、1784に
  わからないパソコン嵐かパソの闇か
  ねむいです食後は春のうたたね時
  食事ごや会話すすんでサクラ草
  
 

花しょうぶ朝昼ひやり夕感謝

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 4月19日(木)22時47分7秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1782のまま
  花しょうぶ朝昼ひやり夜感謝
  春眠や食べたら襲う台所
  寝ていますパソコンうごくも脳春眠
あの方の句
  売れ残るラピスラズリに六連星
俳句界4月号p132
  父よりもほんのり母似桃の花  日下野由季
母の歌
  問い返す夫との会話二度三度語気荒くなり涙出てくる
今日の句
  木の下に汁も膾も桜かな  (さくらー春) 芭蕉
  
 

アスパラや庭の太きでふたり飯

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 4月18日(水)10時17分37秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1782のまま
  アスパラや庭よりとりて二人飯
  ごはんです菜の花汁に卵めし
  さくら雨嘘つきの人前を行く
あの方の句
  静脈のように時雨れる摩天楼
俳句4月号別冊p8
  山の子の両手で受ける初日かな  長野県  種山せい子
母の歌
  ヨーロッパ旅行勧むる娘の電話老いぬ先にと繰り返し言ふ
(あら、こんなこと詠んでいたんだ・・・。残念なことに、母とは旅行ができなかった・・。)
今日の句
  霞けり比叡は近江のものならず  (霞―春)言永
  
 

きつき目やしだれ桜になれぬ人

 投稿者:淡雪  投稿日:2018年 4月 4日(水)00時20分22秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1782のまま
  ため息や枝垂桜になれぬ人
  20年さくら満開見てきたに
  朝つぼみ昼にはさくらさくら道
  さくらみる絆創膏の重さ感じ
あの方の句
  いなびかり鼻から鼻にへ走りけり
  
 

レンタル掲示板
/79