teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


東国三社と冬の三角形(続き)

 投稿者:弓張月  投稿日:2017年 5月 1日(月)11時59分31秒
返信・引用
  おじゃまします。
今朝の茨城新聞(ローカルですいません)に、「甲賀で江戸期の忍術書」が見つかった記事がありました。
「渡辺家文書」だそうで、その中に「秘密契約のため、父子兄弟や友人にも話さない」と記した
誓約書が見つかったことが30日わかった。ようです。
その記事の内容に、「尾張藩に年一度しか現れない御忍役人は藩役人には気になる
存在だつたようだ。渡辺家文書の中に、さんざん、家筋や忍術の由来について質問された揚げ句、「忍者の元祖は誰か」と聞かれた際、御忍役者が「元祖は聖徳太子だが、そう言えば、役人から「本当か」と、また根掘り葉堀り聞かれるから、答えるのをやめた」と記した文章もあった。」とのこと。
謎解きコード「応神天皇=宇摩志麻治命」を使うと、聖徳太子九世、=敏達天皇は八世だろうから、薬師(八九師)、やく(八九)ザ、役人(八九人)となるりますが、江戸期で既に、古代史の意味は理解不能だったようですね? と伴に、やっばり孝謙天皇は、御身を犠牲にし、平和(万世一系)に貢献(=孝謙)したので、称徳(=聖徳)天皇なのではないでしょうか?
それと、聖徳太子は四天王で守られているのでしょう。(「守る」の守は「 何処の国の「かみ」」ですよね。と言うことは、全ての日本人は四天王の末裔となる)










 
 

キョウ=交(まじ)わる・・・ライン 較(くら)べる いたる・・・ハニ族は『和』ともよばれた・・

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 4月30日(日)13時37分23秒
返信・引用
  呉音は『キョウ』といった小さい『ョ』が入って優しい感じがします。漢音は『コウ』で少し硬い感じがします。どちらの発音が残っているかは漢字によって違います。
音読みは漢音の『コウ』が普通で、呉音の『キョウ』は使いません。訓読みは、『交(まじ)わる』、『交(ま)ぜる』、『交(か)わす』、『交(か)う』です。
漢字の成り立ち 爻・交http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-3e78.html
漢音の『コウ』、慣用音の『カク』を使います。訓読みは『較(くら)べる』です。
効(コウ)
良い意味の漢字で『いたる』、『かず』、『かた』、『すすむ』、『なり』、『のり』と名前に使われます。

『郊(コウ)』jiaoは、邑(むら)と邑(むら)が交わったところのことです。漢字の足し算では、交(まじわる)+阝(おおざと・邑)=郊(邑と邑が交わったところ)です。部首は『阝・おおざと』です。

狡(ずる)いは・・・

琅玕(ろうかん)なり、玉に従ひ、干を聲とす 、禹貢にいふ、雝州、球琳琅玕なり、と。 http://jigen.net/kanji/29589
雝州
雝(きよう)、http://flora.karakusamon.com/2015f/kanji_koyomi_201503.html
雝 (やわら さわ)は璧雝(へきよう)、水を巡らした神殿の象。そのような姿勢で人を抱くことをいう。・・とある。
それより剣を擁す・箒を擁すのようにいうのだが
そして、 訓は、いだく・まもるだけではなく、とる・したがえる・・とでている。

「干カン」 <サスマタ状の武器> と 「旱カン」 <ひでり>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/badac5a42642cd92ed29eb1ba4d411a8
軒 ケン・のき  車部
解字 「車+干(木の棒)」 の会意形声。二本の轅(ながえ:前に長く平行に出た二本の棒)がある車、特に身分が高い人が乗る反り上がった轅の車をいう。転じて、先が反り上がった家のひさし(のき)の意となる。
罕 カン・まれ  网部あみ
解字 篆文は、「网(あみ)+干(木の棒)」 の会意形声。棒(柄)の先に網をつけた鳥を捕える鳥網をいう。「まれに」の意となるのは、鳥網で鳥を捕えることのできるのは、まれにしかないからか? 現代字は、网⇒「冖+八」に変化した罕になった。
意味 (1)とりあみ。鳥をとる。長い柄の先に小網がついたもの。(2)まれ(罕)。まれに。たまに。めったにない。「子罕言利シカンゲンリ」(孔子はまれに利を言う。先生はめったに利のことは語らなかった。論語より) 現代中国では「罕見カンケン」(まれに見る=まれだ。めったにない)の形でよく使われる。

旱星 は炎天続きやひでりを象徴する赤い星全般で特にどの星と限定はされてないらしいです が、一般にアンタレスを指すそうで。https://www.pixiv.net/member_illust.php?illust_id=37155071&mode=medium

占星術では富と幸福の前兆である幸運の星とされ、 アンタレスhttp://whatsinaname.wiki.fc2.com/wiki/%E6%98%9F%E3%81%AE%E5%90%8D%E5%89%8D
さそり座α星の固有名。真っ赤な星で、見かけの明るさは0.88等から1.16等の間で変化する。
中国では火(か)、大火(たいか)、日本では赤星(あかほし)、豊年星(ほうねんぼし)。

ヤペテ系氏族はスバルと同じ牡牛座のアルデバラン(ヒアデス星団の赤星)信仰と 考えられる。
藤原氏の北極星、北斗七星信仰はシャンバラ信仰、物部氏のオリオン信仰はアガルタ信仰となる。(3)http://blog.goo.ne.jp/karasusan_001/e/f282a1303b7d9270ba04945d3dcf2b41
これまでわが国の天皇家の天之御中主神(あめのみなかぬし)やキリスト教の“天の父なる神”がスバル(プレアデス)信仰にあたり、セム系氏族が北極星、北斗七星信仰、ハム系氏族がオリオン、シリウス信仰であることを明らかにしてきた。
我が国の神社の大半がスサノオやニギハヤヒ、つまりバールやミトラを祭祀し、その系列神を祭神とした物部氏の神社で、オリオン信仰であり、ハム系の神々を祀ったものであった。
<チベット密教とカッバーラ>
・最終経典にシャンバラが説かれているように、シャンバラの存在を最初に説いたのは仏教の開祖、釈迦なのだ。釈迦は自ら、北の果てにシャンバラへの入り口があると説いた。なぜ釈迦はシャンバラの存在を知っていたのか。
最終仏教であるチベット密教を奉じるチベット民族も、しかり。チベット人は、東に広がった失われたイスラエル10支族である。チベット系民族のチャン族やカレン族が、失われたイスラエル10支族であることは、今日、イスラエル共和国の情報機関「アミンシャーブ」の調査によって判明しているのだ。
<釈迦はセムメーソンだった!>

干 閲 という地理的条件か ら考えれば,. 当時カシュミールやガンダーラを中心 とする 西北インドで強大な勢力を誇示 した. 説一切有部 という部派名が想起 されるが,し か し 地理的条件のみで帰属部派を論. ずることは不十分であり,内 容の考察が不可欠である  ...
『賢愚経』を構成する説話の帰属部派https://www.jstage.jst.go.jp/article/ibk1952/54/1/54_1_366/_pdf
出家し,阿羅漢になった

阿羅漢 (あらかん、??????、arhat、アルハット)は、仏教において、尊敬や施しを受ける に相応しい聖者のこと。略称して羅漢(らかん)ともいう。

兜跛毘沙門は毘沙門天王の兜跛国に出現せる形を写せるものなり、堅牢地天其両足を 支へ邪鬼左右に畏坐して涌出せるもの是なり、其形像北天西域に出で唐に大成し、尋 いで本朝に伝はるという、.

兜跛毘沙門(とばつびしゃもん)

甲胃をまとい仏教の守護神にhttp://www.kyosei-tairyu.jp/shichifukujinn/bisyamonntenn/84.html
釈尊の四人の従者
ホータン国の兜跛(とばつ)毘沙門天像
ホータンでは、王家の先祖といわれる毘沙門天が、国土守護の仏とされた。この習俗がシルクロードを西進し、中国の人びとも武人姿の昆沙門天を単独で護国の仏、戦勝をもたらす仏として信仰するようになった。

七福神の由来・七福神の紹介http://www.kotobuki-p.co.jp/fukujin/shichi.htm
七 福 神 の 由 来
七福神とは、大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、恵比寿天(えびすてん)、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋尊(ほていそん)の七つの神様の総称です。「七難即滅、七福即生」の説に基づくように、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると言われています。七福神の信仰は、室町時代の末期のころより生じ、当時の庶民性に合致して民間信仰の最も完全な形となって育てられてきました。特に農民、漁民の信仰として成長し、現代に今も生き続けてきたのです。
大黒天
シヴァ神のマハーカーラがそのまま密教に取り入れたため、初期の大黒天はシヴァと 同様に四本の手に三叉戟、棒、輪、索をそれぞれ持った像として描かれた。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%BB%92%E5%A4%A9
マハーカーラは、戦闘・財福・冥府という3つの性格を持つ。破壊・戦闘を司る神としては、尸林に住み隠形・飛行に通じて、血肉を喰らう神で、この神を祀れば加護して戦いに勝つという。財福としてはヴィシュヌや地天の化身として、インドの寺院にて祀られる。冥府としては、焔摩天と同一視して塚に住むという。

日本の仏教・密教
偽経とされる『大黒天神法(嘉祥寺神愷記)』によれば、大自在天(シヴァ)の化身とも[1]、地天の化身ともされる[2]。また、三年間専心して供養すれば、富貴または官位爵祿を授けるとも説かれる[3]。胎蔵界では「摩訶迦羅天」と号される[4]。また、『孔雀王経』が説くとして、摩醯首羅(マヘーシヴァラ)の化身であり[5]、勇猛で必勝の戦闘神であるとする[6]。
歴史
日本には密教の伝来とともに伝わり、天部と言われる仏教の守護神達の一人で、軍神・戦闘神、富貴爵禄の神とされたが、特に中国においてマハーカーラの3つの性格のうち、財福を強調して祀られたものが、日本に伝えられた。密教を通じて伝来したことから初期には主に真言宗や天台宗で信仰された。インドでも厨房・食堂の神ともされていたが、日本においては最澄が毘沙門天・弁才天と合体した三面大黒を比叡山延暦寺の台所の守護神として祀ったのが始まりという。後に大国主神と習合した。室町時代になると日蓮宗においても盛んに信仰された。
偉容
本来の像容は、一面二臂、青黒(しょうこく)か黒色で忿怒(いかり)の相で表現される。『大黒天神法(嘉祥寺神愷記)』には、烏帽子・袴姿で右手の拳を腰に当てて、左手で大きな袋を左肩に背負う厨房神・財神として描かれている[7]。この袋の中身は七宝[8]が入っているとされる。
胎蔵界曼荼羅での大黒天は、シヴァとその聖なる白牛ナンディン(白い水牛が中国や日本で認識されずに、山羊や兎の姿で誤描写)を降伏させている立像で身の丈は通常は五尺である。
ほとんどが一面だが、上述のように毘沙門天・弁才天と合体した三面六臂の大黒天も作られた。
以上のような憤怒相は鎌倉期の頃までで、これ以降、大国主神と習合して現在のような福徳相で作られるようになるが、まれに観世音寺(福岡県)にある大黒天立像のように憤怒相の像も見られる。

神道
袋を背負っているのは、大国主が日本神話で最初に登場する因幡の白兎の説話において、八十神たちの荷物を入れた袋を持っていたためである。また、大国主がスサノオの計略によって焼き殺されそうになった時に鼠が助けたという説話(大国主の神話#根の国訪問を参照)から、鼠が大黒天の使いであるとされる。
春日大社には平安時代に出雲大社から勧請した、夫が大国主大神で妻が須勢理毘売命(すせりひめのみこと)である夫婦大黒天像を祀った日本唯一の夫婦大國社があり、かつて伊豆山神社(伊豆山権現)の神宮寺であった走湯山般若院にも、像容が異なる鎌倉期に制作された夫婦大黒天像が祀られていた(現在では熱海の古屋旅館に存在する)。
大黒と恵比寿
日本一大きいえびす、大黒の石像は舞子六神社にあり商売繁盛の神社とされている。
大黒と恵比寿は各々七福神の一柱であるが、寿老人と福禄寿が二柱で一組で信仰される事と同様に、一組で信仰されることが多い。神楽などでも恵比寿舞と大黒舞が夙(つと)に知られ、このことは大黒が五穀豊穣の農業の神である面と恵比寿が大漁追福の漁業の神である面に起因すると考えられている。また商業においても農産物や水産物は主力であったことから商売の神としても信仰されるようになっていった。

クベーラとはインド神話に登場する「夜叉(ヤクシャ)」 族の王。http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%AF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%A9
夜叉であるがデーヴァ(神)の血を引く。父は創造神ブラフマーの孫である聖仙ヴァイシュラヴァである。母はアスラの一族ダイティヤのルラヴィラ(イダヴィドゥ)。
この事からヴァイシュラヴァナ(ヴァイシュラヴァの息子)と呼ばれる。漢訳仏教経典における「毘沙門天」はこれを漢字で筆写したもの。

ローカパーラ(各方角の守護神)の一柱とされ、北方を護るとされる。北方をつかさどるという特徴は仏教における四天王の多聞天としての姿に受け継がれている。
財宝神としての性格を持ち、ヒンドゥー教やチベット仏教の美術においては富裕を象徴する肥満体の姿でも表現される。
肥満体
布袋(ほてい)は、唐末の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在したとされる伝説的な 仏僧。水墨画の好画題とされ、大きな袋を背負った太鼓腹の僧侶の姿で描かれる。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%83%E8%A2%8B
本来の名は釈契此(しゃくかいし)であるが、常に袋を背負っていたことから布袋という俗称がつけられた。四明県の出身という説もあるが、出身地も俗姓も不明である。図像に描かれるような太鼓腹の姿で、寺に住む訳でもなく、処処を泊まり歩いたという。また、そのトレードマークである大きな袋を常に背負っており、生臭ものであっても構わず施しを受け、その幾らかを袋に入れていたという。なお、布袋が背負っているこの袋は堪忍袋ともいわれる。
布袋が死の間際に残した偈文が、
彌勒真彌勒 分身千百億(弥勒は真の弥勒にして分身千百億なり)
時時示時分 時人自不識(時時に時人に示すも時人は自ら識らず)

弥勒 (僧) - 3世紀-4世紀ころのインドの仏教僧。 仏教における弥勒菩薩 のこと。 弥勒市 - 中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州の県級市。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E5%8B%92_(%E6%9B%96%E6%98%A7%E3%81%95%E5%9B%9E%E9%81%BF)
紅河ハニ族イ族自治州(こうがハニぞくイぞくじちしゅう)は中華人民共和国雲南省の民族自治州である。自治州政府は蒙自県に所在する。
地理
雲南省東南部に位置し、南はベトナム、東は文山チワン族ミャオ族自治州、西は普洱市、北は曲靖市などと接する。州内を紅河(ソンコイ川)が東南に流れる。ハニ族、イ族の集住地であり、イスラムの回族も多い。

イ族(イぞく、彝族, 拼音: Yízú)は中国の少数民族の一つ。

意味宗廟に常に置く祭器、規則、民の守るべき道、常に、という意味がある。〔説文解字・巻十三〕に「宗廟の常器なり」とあり、〔周礼・春官宗伯・司尊彝〕にある六彝、「雞彝、鳥彝、?彝、虎彝、蟲彝、斝彝」を紹介する。夷と通用する。字形ニワトリの象形+廾の会意。ニワトリを両手で羽交い絞めにするという意味(呉大澂などによる説)。宗廟に置く器はニワトリの血によって清めた。〔説文〕は糸+米+廾に従い彑声の形声としているが、甲骨文の形はニワトリを羽交い絞めにする字。

イ(彝)族http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/2577
彝族のルーツにも、いろいろな説があり、彝族の祖先は、黄河上流地域を発祥地とし、 その後しだいに南下して、長江上流域の金沙江・岷江の両河川流域に到達、定着したと されるのが一般的だが、もう1つは、二千年以上前から、彝族の祖先 ...http://www.gesanmedo.or.jp/uli457.html
彝   人
烏里 烏沙
彝族の「彝」は「夷」からきている。「夷」は「漢族」の周辺住む未開の民のことで、古代中国では漢族政権の周辺に、東は東夷、南は南蛮、西は西戎、北は北狄などの民族集団が住んでいた。その呼称には差別が入っていると思われ、彝族も「夷」と呼ばれてきた。
 彝族は、中華人民共和国成立後、はじめて1つの民族集団として統一された。その折、かつて羅羅、夷人、夷家などと呼ばれ、蔑称の「夷」が通称であったのを「彝」に改めて民族名称と定めた。漢字のかたちから見れば、「彝」は米も、糸もあることで、豊かさの意味も表している。だが、1つの文字に複数の民族を無理にまとめたのは無理ではなかったかと思う。つまり、雲南省は新中国になるまで、「人種の博物館」といわれ、三百余種の少数民族がいて、そのうち半数以上は彝族系の民族だった。

日本の歴史と日本人のルーツhttps://ameblo.jp/shimonose9m/entry-12056146743.html
鳥は神の使いであり、神聖な場所、村、神社、神殿、聖櫃を護る門や蓋に止まると言う信仰が日本、中国の雲南省の少数民族、アカ族(羌族の同族)、ユダヤにあった!
すなわち、鳥居とは神聖な入口を護るもので、中国、韓国、インドなどにもあるが、日本、アカ族、ユダヤは直接的な関連がありそうである。
鳥居の由来(参考)
インド仏教にみられるトラナや中国の華表や鳥竿、牌楼(ぱいろう)、朝鮮半島の紅箭門(こうぜんもん)、イスラエルの移動型神殿、雲南省とビルマとの国境地帯に住むアカ族の「村の門(ロコーン)」など、海外に起源を求める説などがある。

注目すべきなのは 雲南とビルマの国境地帯にすむアカ族であり・・・中国ではアカ族はハニ族(哈尼族)とよばれる。アカ族の村の入り口には、パトォー・ピー(精霊の門)と呼ばれる、日本各地の神社にある鳥居にそっくりの門が建っています。この門は必ず村の入口2ヵ所に築かれ、悪霊が村に侵入しないように結界の役目を果たしています。

鳥居に似ているといえ素朴である。そこには鳥と太陽の絵が書いてあるという。 → 鳥への信仰  、 太陽暦がユダヤ、羌族、日本にあった
茶の起源も雲南の西双版納が一番有力とされている。茶を担ったのがハニ族である。棚田文化もハニ族がはじまる。ハニ族は『和』ともよばれた・・・『和』の意味は「偉大、強壮」という。

古代の日本にユダヤ人19万人が来ていた http://ameblo.jp/dyqe/entry-11955084802.html
イスラエル国家調査機関アミシャブのラビ・エリヤフ・アビハイル氏は、日本人のDNAを調査すると公言した。DNA鑑定こそ、ユダヤ人の同胞を捜す決定的方法であり、この方法をアミシャブも重要視している。
日本は八百万の神々の国で、唯一絶対神のイスラエル神とは相容れないとの意見もあるが、古代、南ユダ王国の民は神々の収集家で黄金の子牛像まで偶像崇拝するまで(堕落した)となっていた。
日本人の八百万の神々の信仰は彼等から受け継いだものとしても不思議ではない。 宗教にユダヤ人やパレスチナ人のように頑な原理主義者と寛容な人々に分けられるのと同じである。
古代日本は多民族国家で、そこにイスラエル民族は葦船でやって来たとも言われる。 後に大和朝廷が東征し国譲りでは無く神譲りとでも言うべく伊勢神宮の外宮の豊受神がユダヤの神で、内宮に天照神が奉られる構図となったと言う。
後に奈良の時代に大陸からユダヤ教徒である秦氏などが朝廷の補佐となり、その秘儀から祭式は天皇の神道へと受け継がれ、一方、聖徳太子は仏教を民衆に広めたとされる。
〈DNAの調査におけるイスラエルとの協力〉
Y染色体やミトコンドリアのDNAは、世界中で詳しく調べられ、詳細な系統樹や世界に於ける大まかな分布が明らかにされている。日本人は大部分のD系統、O系統に少数のC系統、(+1%程度の N系統〈北方ヤペテ〉)が混在した人種であり、世界的に見ても珍しいパターンである。
少なくとも、大陸から、海から、北方から、長い時代に亘って幾重にも人種が渡来してきたのが日本であり、遠くは中東、ユダヤ方面からの渡来人があっても何ら不思議ではない。但し、今のところ、中東、ユダヤ系の人々に特徴的なJ 系統などのセム系人種らしいDNA配列は見つかっていない。(F系統はごく少数見出されている)
少数の特定の人種を調べるこの分析法は、検体の取り方に極めて大きく依存するので、サンプルを詳細に選ぶならば、驚くような結果が得られる可能性が大きい。日本の歴史を調べてみても、ごく少数の支配階層が大きな影響を与えた事から、そのグループが日本の社会の中に極端に偏在していると考えられる。
そこで、歴史や言い伝えなどを詳細に分析して、ある程度当たりをつけてから、その選ばれた集団について DNAを調べる事になる。例えば、ユダ族と目されるグループの中に2~3%程度のコーヘンDNAがあれば充分な確認になる。代々祭司職の人々からコーヘンDNAが出てくる可能性もある。
併し、日本への古代ユダヤ流入に関する日本人のDNAを調査は、現在、個人情報保護法により中断されている。従って、状況をよく知っているこちらのほうから、ある程度のデータを集め、ポイントのサンプル採取の段取りなどをイスラエルの機関に働きかけていき、イスラエル当局との協力関係を作っていく事が重要である。
駐日大使のエリ・コーヘン氏は、チュニジアの由緒ある家系のスファラディー系であり、同じアジア人という事で、大の親日家である。(ロックフェラーはアシュケナジー、ロスチャイルドはスファラディー系)また、イスラエル全体が比較的親日的である。
これは、中東和平に日本が西岸地区に於ける産業育成に於いて関わっているという経済的な理由にもよるものであり、米国などができなかった中東和平を実現させるものとして、イスラエルのみならずパレスチナもヨルダンも日本との関わりに期待している(と考えたい)。
ここで注意深い事例を挙げたい。日本の神事「大相撲」と古代イスラエルとの類似点である。4600年前の古代メソポタミアの出土品に「まわしを締めた力士が四つ相撲」をとる姿が象られており、角力(すもう)で力比べをした「天使とヤコブ」のヤコブをSheMo シェモー(すもう)と言う。
天使と朝まで角力をして、ヤコブに勝てないと知った天使は、ヤコブをイスラエルと呼びなさいと言った。(旧約聖書 創世記 第32章)
 

53センチメートル 3つの角があるから、ミカド。

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 4月23日(日)15時19分0秒
返信・引用
  銅剣は全長50~53センチメートル前後https://kotobank.jp/word/%E8%8D%92%E7%A5%9E%E8%B0%B7%E9%81%BA%E8%B7%A1-162000

サイズは高さ約53㎝×横約 30㎝×幅約19㎝。
古墳時代 銅鐸 出土品 鑑定書付http://blog.livedoor.jp/nonodakeyama/?p=5

弥生時代中期刈谷市指定文化財高さ18センチ、胴周り53センチ
『手焙型土器http://4travel.jp/travelogue/10678042

壁画の主題である魚は体長53センチメートルで、鮭か鯉を描いたと見られる。
鳥取県の梶山古墳の「イクトゥスの壁画」が表す、天皇家がユーラシア大陸を横断した記録 http://tacchan.hatenablog.com/
被葬者
被葬者については不明であるが、675年(天武4年)に因幡に配流された皇族の麻績王(麻続王)(おみおう)であるとの説が有力である。
八角形の墳丘・壁画の魚・南面するプランなどは道教思想が濃厚であること、石室の切石の精巧な技術、壁画の技術などから大陸文化の影響が強くうかがえ、被葬者は相当に身分の高い人物であったことが想像される。
魚にはイクトゥス(ジーザス・フィッシュ)が関係するので、別の見解が浮かんでくるわけなのですよ。

例えば、17センチ、19センチ、23センチ、29センチ、31センチ、37センチ、41センチ、43 センチ、47センチ、53センチ、59センチ、61センチ、などが古代遺跡に出てくる素数です 。しかし、これらの数字は聖書と太陽角度でも説明が付くのです。
クイズの続きと太陽角度連動メートル法の新資料http://blog.goo.ne.jp/efraym/e/8f82ea5c8eec0b2e1ca6a88cc99f93c9
単純に素数を尺度にしたのではなく、そこに、アブラハムが歩んだ土地、すなわちギザ、ウル、エルサレムの太陽が作る角度が盛り込まれていた。
 

覗  神の意志をうかがう  覘標 

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 4月23日(日)14時23分42秒
返信・引用
    キュビットが使われていたことになるが、その長さはおおむね 43 - 53 センチメートルで ある
、「司」の仲間を取り上げます。 司(シ、つかさ、つかさどる)。 役目として、担当 する意味。「つかさ」は、役人の意。 以下、漢字源4の解字の説明。 上部は、人の字の 変形、下部の口は、穴のこと。小さい穴からのぞくことをあらわす。https://blogs.yahoo.co.jp/oiboreprog/17612776.html?__ysp=6KaXIOino%2BWtlw%3D%3D

占」=「ト」+「口」:=小枝+ひと=>枝占いのひと=>枝で占う=>うらなう=http://shoukei.blog65.fc2.com/blog-entry-41.html
白川静博士は、下に付く口には祭祀の器を表しているものがあると研究されていました。

三角覘標の画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E4%B8%89%E8%A7%92%E8%A6%98%E6%A8%99

てんぴょう【覘標】. 三角点など の測量地点が遠くから分かるように設ける標識。3本または4本の木などを角錐状( ピラミッド型)に組み合わせたもの。覘はうかがうこと。
測量のため、選んだ地点に遠くから見えるように据え付ける櫓やぐら様の目標。 https://kotobank.jp/word/%E8%A6%98%E6%A8%99-578822

わが足は三重の勾(みえのまがり)のごとくしてhttp://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/20121130-e6d7.html
勾(まがり)

カギ形(差し金)二つが 接近し口の上方に移動、篆文は、口を包むように変化http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/e547d0ac90538fe125e7aba8a8a4d806

中勾/子殳/欠勾 ...の画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E4%B8%AD%E5%8B%BE%EF%BC%8F%E5%AD%90%E6%AE%B3%EF%BC%8F%E6%AC%A0%E5%8B%BE+

平勾配の勾殳玄 勾殳玄の長さ表http://www2u.biglobe.ne.jp/~tyouken/sumigi/koukogen.htm

四方ころび構造における 種々の接合角度を、三角関数で表現. する数式を導出しました。
規矩術 の数学http://mokkou-atorie-y.com/lit2.pdf#search=%27%E5%9B%9B%E6%96%B9%E8%BB%A2%E3%81%B3+%E4%B8%89%E8%A7%92%E6%AF%94%27

多度町7http://kitaise.my.coocan.jp/k_tado07.htm
この道標は、垂仁天皇のとき、天照大神を奉じた倭姫命が、鎮座の地を求めて近江・美濃を経て、伊勢五十鈴川上への旅の途中、16カ所目の鎮座の地、野代宮の所在地として伝えられる野志里神社の南、約100メートルの美濃街道沿い「前野先生彰徳碑」前に立つ。(もとは神社南のJA角の四つ辻にあったのを移したものであろう)
道標に刻まれた御衣野(みぞの)は肱江川の南岸に位置し、集落の南、台地の北裾にある草薙神社は、ヤマトタケルが東国からの帰路、伊吹山から当芸(たぎ)の野を通り、尾津前まで戻ってきたとき、往路に立ち寄った際、一本松の傍らに置き忘れた太刀が、そのまま残っていたという記紀に記された伝承に基づいて、この地に建てられた社で、昭和16年8月に「尾津前史跡」として三重県史跡に指定された。古くは「八剣社」とも称した神社の拝殿横、小祠の中に古松の株が収まっている。
さらに道を西へ進み、台地の縁を南へ行くと旧員弁郡七和村(現在は桑名市)へ、さらに西へとると員弁郡大泉村へ通じていた。
なお、この地におけるヤマトタケルの伝承地については、「ヤマトタケルの足跡を訪ねて」をご覧下さい。

三重県(みえけん)
18.延喜兵部省式(えんぎひょうぶしょうしき)http://kameyamarekihaku.jp/28school/zuroku/corner2-1.html
   江戸時代 亀山市歴史博物館所蔵 明倫館文庫
 平安時代(へいあんじだい)(延長(えんちょう)5年(ねん)(927)完成(かんせい))に作(つく)られた、さきほどの律令(りつりょう)を使(つか)うための細(こま)かい規則(きそく)のひとつです。全国(ぜんこく)の兵士(へいし)や兵器(へいき)、軍事施設(ぐんじしせつ)の管理(かんり)など軍事関係(ぐんじかんけい)の事務(じむ)を行(おこな)う役所(やくしょ)である兵部省(ひょうぶしょう)が管理(かんり)する全国(ぜんこく)の武器(ぶき)について定(さだ)めています。
 伊勢国(いせのくに)(今(いま)の三重県(みえけん)の大半(たいはん)。亀山市(かめやまし)も伊勢国(いせのくに)でした。)は、甲(よろい)6領(りょう)、横刀(たち)(大刀(たち))20口(く)、弓(ゆみ)60張(ちょう)、征箭(そや)(箭(や))60具(ぐ)、胡籙(ころく)60具(ぐ)を備(そな)えるべきとされています。

尾高観音. 桧の古木が並ぶ参道の奥に六角堂がある。六角堂には聖徳太子の作http://www.yukoyuko.net/guide/spot/P24/S240001/SP24341ag2130015301/?id=WG02104
三重県三重郡菰野町杉谷

三重県いなべ市員弁町笠田https://ssl.kanko-inabe.jp/history/area_04/
上笠田字城下263-2(笠田砦) 地目:山林 立地:丘陵 規模:53×65メートル
:53×65メートル

1辺53.1メートル
土塔. 堺市中区土塔町の大野寺の前に1辺53.1メートル、高さ8.6メートルの ピラミッド(土製の仏塔)土塔があります。
土塔http://www.sakai.click/ichihara/
この土塔は奈良時代の僧「行基」が建立したといわれていています。

南北八角墳ではなく六角墳なのは、天皇になる前に死んで皇子で終わったからか。
西方官衙は溝で区画された東西63メートル、南北53メートルの中に東西棟建物5軒と南北棟建物3軒が配置されている。
伯耆国庁跡https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%AF%E8%80%86%E5%9B%BD%E5%BA%81%E8%B7%A1
両方とも掘立柱建物である。内郭の建物は、8世紀後半から10世紀の間に4時期の変遷が認められる。

尾根頂上 の標高は53メートル
古津八幡山遺跡https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E6%B4%A5%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%B1%B1%E9%81%BA%E8%B7%A1
古津八幡山遺跡(ふるつはちまんやまいせき)は、新潟県新潟市秋葉区古津、金津および蒲ヶ沢にまたがる遺跡。遺跡の中には、古津八幡山古墳もある。
新津丘陵西側の尾根に立地する、弥生時代後期から古墳時代前期にかけての遺跡である。尾根頂上の標高は53メートル。2005年におよそ11.5ヘクタールが国の史跡に指定される。北陸系の高地性環濠集落としては最北端である。

方形周溝墓2
埋葬施設より、鹿角装鉄剣、アメリカ式石鏃が出土。竪穴式住居と同時期に作られたため、居住区域とは区別された墓域であったと考えられる。 前方後方形周溝墓1
環濠に囲まれた丘陵頂上部で単独で発見。出土物は少なかった。集落廃絶直後の、弥生時代末期の物と考えられる。
土器
北陸系・東北系(天王山式系)・在地折衷系(八幡山式)の三系統の土器 竪穴式住居・方形周溝墓、環濠から出土したので、同時に作成したと考えられる。 このことから、東北会津や北陸地方中西部との関わりがあったことが推察される。

アメリカ式石鏃と蝦夷と越後 ( 人類学と考古学 )https://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/49797279.html?__ysp=44Ki44Oh44Oq44Kr5byP55%2Bz6Y%2BD
アメリカ式石鏃が使われた弥生時代後期には、列島はすでに鉄鏃の時代である。蝦夷も弥生時代後期後半から古墳時代には鉄を利用できたと思われるが、それはこうした越後との交流から得た知識かも知れない。越後や越前の人々と東北人に交流があったということは、古志は九州系海人族が使用する方形周溝墓での葬儀にやってきたり、そればかりか古志に定着して武人、警護として住み着いた首長さえいあtことになり、九州人の早期の技術も、意外と早くから取り込めたことになるだろう。
南北の交流の交差点となった会津が、記紀の四道将軍たちが落ち合った場所だと書かれることからも、会津への道、街道の完成して行く行程を思わせて、なかなか意味深であろう。
さらに「貝の道」で、南洋の貝類が北海道まで運ばれた考古学的事実にも、こうした九州人と東北内陸に道も考えてみる必要がありそうだ。蝦夷が航海が得意であったならば、おそらくこのような内陸コースよりも、陸伝いの海路を使ったはずだ。
アメリカ式石
弥生時代に使われた 特徴的な石鏃である. 磨 ま. せ. い. 製. 石鏃と、アメリカ式石. 鏃を紹介します。https://www.city.tsuchiura.lg.jp/data/doc/1438649752_doc_6_8.pdf#search=%27%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%BC%8F%E7%9F%B3%E9%8F%83%27
土浦市周辺でも、縄文時代ほど多くはありませんが、弥生時代の石鏃が発見されています。
分布は北関東や新潟県、東北地方に集中しています。県内では那なか珂川や久く慈じ川流域を中心に、弥生時代終わり頃の約20

標高53メートル
鶴見川の中流北岸の標高53メートルの低台地上に位置する。
花見山遺跡https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E8%A6%8B%E5%B1%B1%E9%81%BA%E8%B7%A1
花見山遺跡(はなみやまいせき)は、神奈川県横浜市都筑区川和町近辺にあった、約1 万2000年前(縄文時代草創期)の遺跡である。
石器は旧石器時代に使われた尖頭器と縄文時代に使われた石鏃が一緒に出土しており、当時の時代をよくあらわしている。現在、遺跡は住宅街となっている。

標高52~53メートル
遺跡の立地:毛呂山町南東部、葛川右岸の標高52~53メートルの微高地に立地。
矢島遺跡http://www.town.moroyama.saitama.jp/www/contents/1287036040550/index.html

中央に半町(53メートル)四方の中心伽藍
遺跡の多い米子市http://www.re-office.jp/yonago/iseki.html
伽藍配置は発掘当初は法起寺式伽藍配置とみられたが、実のところは南北に3基の塔を並べる、類例のないものであることがわかった

山頂( 標高53メートル)
古城山古墳は大字宮崎字上亀崎の古城山の山頂( 標高53メートル)にありましたが、現在は土取りにより全く残っていません。
吉野地区公民館周辺情報
稲荷山
当公民館北東に位置する稲荷山は、標高180.7メートルの東西に長い独立丘のような山です。古くは旧石器時代(今から1万年以上前)の握槌が巡礼渕堤付近で出土し、縄文時代早期(8000年前)から晩期(2300年前)の土器が上内各地の遺跡から出土しています。古墳時代(1700~1400年前)には数多くの古墳が稲荷山に築かれ、甘木山とともに大牟田における古墳の集中地となっています。
古城山古墳
所在:大牟田市大字宮崎字上亀崎
古城山古墳は大字宮崎字上亀崎の古城山の山頂(標高53メートル)にありましたが、現在は土取りにより全く残っていません。調査は昭和46年工事に先立って行われ、直径約23メートル、高さ6メートル余りの円墳であることが判明し、中央の土壙から組合せ式の家形石棺が出土しました。蓋石は1枚の凝灰岩でつくられ、いわゆる寄棟造りになっており、両妻側に縄掛け突起が付いています。棺身は両側縁が長く、4枚石で構成され、凝灰岩製です。棺床には貝殻が敷かれ、鹿角製の装飾品や管玉、ガラス玉、勾玉などが出土しました。当古墳の築造年代は、出土遺物や家形石棺の形により5世紀後半頃と推定されています。谷をはさんで北東側には、6世紀前半のものと思われる“石亀城古墳”や、西側には“おいどん山古墳”があります。

53メートルの大石仏
バーミアンの石窟 53メートルの大石仏 アフガニスタンhttp://www.library.pref.kagawa.lg.jp/kgwlib_doc/local/local_0001-78.html
この地に仏教文化が栄えたことを物語る文化遺産として知られていた。

東西53メートル、南北28メートル。
「NHKスペシャル 四大文明 中国」http://d.hatena.ne.jp/seiwa/20080803/p2
墓道は地下13メートルまで続く大規模なもの。東西53メートル、南北28メートル。地下には黄色い水が流れる黄泉の国が存在すると考えられ、そのために地下深くの埋葬がなされた。殷墟では11器の王墓が見つかった。

中心から約53メートルに北面の壁が位置する
藤原宮 朝堂院朝庭から塀と建物跡 http://www.naranichi.co.jp/20100702ne4761.html
大嘗宮の可能性が考えられる。
 

弥生人もホクレア星を見た?

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 4月23日(日)14時17分18秒
返信・引用
  マルコ山六角墳
・・・、斉明のけんご子塚八角墳から、岩屋山古墳を経て、板葺宮に至るラインがあります。
またけんご子塚から、石舞台古墳そばの蘇我邸を経て、多武峰に至るラインがあって、そのラインが天武・持統合葬陵と、高松塚を結ぶラインとに、関係する交点を持つわけです。
おそらく、皇族級とみて間違いないでしょう。藤原か皇族しかありえないですね。
板葺宮と高松塚、その高松塚とマルコ山古墳の距離が同じなんです。
高松塚と方位ラインhttp://8220.teacup.com/toraijin/bbs/2287
  投稿者:管理人
文武は、天武の子の草壁が父で、天智の娘の阿倍が母だから、天智・天武ラインに載るのは当然。
マルコ山に東西ラインで関係するのは、なぜか。
マルコ山は文武の父の草壁もしくは、母の阿倍か八角墳ではなく六角墳なのは、天皇になる前に死んで皇子で終わったからか。
そうすると、八角墳はやはり天皇級ということかな。
でも、高松塚は円墳なんですよね。構造的には八角墳と同じでしょうけど、八角墳・六角墳の制度導入以前だったからか、皇女どまりだったからか、その装飾の豪勢さに比して、その部分だけは、円墳。
吉備姫王墓も同様に皇女で、円墳らしいのですが、猿石があって、それが先の弥勒寺に似たものがあるらしい。
http://www.bell.jp/pancho/asuka-sansaku/kibihime.htm
これは、ゾグド系の石人とかと同類で、景教とかトカラ人とかペルシャとかのその系統で、斉明の庭園と関係してくる宗教石像物。
吉備姫王の娘が斉明・
だいぶ陵墓と被葬者と構造が、方位ライン分析から見えてみましたね。
マルコ山古墳

マルコ山古墳は奈良県高市郡明日香村真弓の真弓丘陵にある古墳で六角墳とされて いるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E5%B1%B1%E5%8F%A4%E5%A2%B3
六角墳

六角氏
、 『員弁町史』(1991年)は、近江六角氏系の種村氏が築いた「金井城」が、現 いなべ市員弁町大字北金井にあるとして http://ameblo.jp/pitazou/entry-11994443095.html
四百韻連續。兵部少輔近年一段執心なれば、をのをの此ときを待えたるふるまひにてなどあればなり。

平知信が兵部少輔から兵部権大輔を経て少納言に任命され、また 同時に藤原忠実・忠通父子の家司だった時期と重なる。
平知信朝臣記https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E7%9F%A5%E4%BF%A1%E6%9C%9D%E8%87%A3%E8%A8%98

兵部〔ひょうぶ〕省
武官の人事、諸国の兵士、その他軍事一切を担当する役所で、『隼人司』を支配します。
(※1872年、陸海軍両省の設置と共に廃止されるまでずっと存続します。)
かつては、『兵馬〔ひょうめ/ひょうま〕』『造兵〔ぞうひょう/ぞうへい〕』『鼓吹〔くすい〕』『主船〔ふね〕』『主鷹〔たか〕』の5司も支配していましたが、平城天皇の代に『兵馬司』は『左右馬寮』に併合され、宇多天皇の代に『造兵司』『鼓吹司』が『兵庫寮』に併合され、その後、『主船司』『主鷹司』は廃止となりました。(※「大宝令・養老令」参照)
和名は『つはもの〔つわもの〕のつかさ』です。
つかさ
下部の口は、穴のこと。小さい穴からのぞくことをあらわす。
穴からのぞく
覗く部分と定規の部分の間隔は常に一定です。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1219283807?__ysp=56m044GL44KJ44Gu44Ge44GPICDjgqLjg6rjg4Djg7zjg4k%3D

鼎(測斜儀)による平板測量http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3664


『説文解字』には、「土の高なり。北に従い、一に従う。一は地なり。人の居在は丘の南、ゆえに北に従う」とあります。http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-61d1.html

后(冓・組み合わせる)
辶(行く)+后(冓・組み合わせる)=逅(行っ て組み合う。めぐり会う)です。http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-4879.html

 「后コウ」 <祭りの主宰者>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/92cd9af49a06f8564e731e54ad87484e
解字 甲骨文第一字は、神への祈りの言葉をいれた器を前に、手を出して祈る人で、司シと同じ形。第二字は、人の向きが逆になった形で、これが現代字まで続いている。

   向きが逆・・・司
   同・・・合?

   冓 コウ 冂部 解字 二つ同じような形に上下・左右を組んでつくった構造物を指す。 組み立てる、組み合わす、構える意味を表わす。構コウ(かまえ)の原字。なお、組紐を 上下につなぎあわせた形[字統]などの説もある。 意味 くみたてる。かまえる ...
   「冓コウ」 <同じかたちに組み立てる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/aed55b4c59506b75838e9e957a3c7b7f
   再 サイ・サ・ふたたび  冂部
   冓(であう)」
后コウ
遘コウ(あう・であう)に通じ、あうこと。
解字 「之(ゆく)+后(コウ)」の形声。コウは遘コウ(あう・であう)に通じ、あうこと。
意味 あう。めぐりあう。「邂逅カイコウ」(思いがけなく出会うこと)
あう
后司
同-冂
司」=「┐」+「同-冂」:=男の特性+(女の)指導者=>男の指導者=>指図する男 =>つかさどる(「同-冂」cf.41) .... 伺」 解字:形声。意符の人(ひと)と音符の司(そっと 盗み見る意)とから成る。ひそかにうかがい見る人の意。ひいて、「うかがう」意に用いる。
象形文字の秘密 漢字解読2http://shoukei.blog65.fc2.com/blog-category-5.html

鬲と鼎は大きな違いがある。http://kanji-roots.blogspot.jp/
鬲は三つの丸い口を持つ足が胴体と分離していないことが文字の形状に現れているが、鼎のほうは明確に足の機能と胴体(容器)部分が分離しており、文字の形体の上からも、機能が分化したのではないかと想像される。
テイ・・・鼎
偵 察

祭り、祭るという意味である。〔説文解字〕には「祭祀なり」とある。 ほかに察に通じ て推し量る、際と通じて交わる、という意味がある。http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%A5%AD
?
大いなる陸(おか)なり、山の石無き者なり、象形、凡そ?の屬は皆な?に 従ふ。(説文解字): #2神の陟降(ちょくこう)する神梯の象。天に陟降すること。説文に 土山の象形と解するが、卜文・金文の字形は神梯の象。(http://jigen.net/kanji/167439
神梯
ヤコブの梯子(ヤコブのはしご)は、. 旧約聖書の創世記28章12節でヤコブが夢に見た 、天使が上り下りしている、天から地まで至る梯子、あるいは階段。 上記に因んだ、惑星 などの表面から静止軌道以上まで伸びた(概念上の)エレベータの愛称。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B3%E3%83%96%E3%81%AE%E6%A2%AF%E5%AD%90

?・・・岡?は神霊の陟降する神梯。そこに祭卓をすえて祭る。http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%A5%AD

神の陟(のぼ)り降(お)りするときに使う神の梯(はしご)によって、神の 降り立つところという意味を示す字です。 ... (2)おか(丘)。「丘冢キュウチョウ」 塚 チョウ ・つか 土部 解字 旧字は、「土+冢チョウ(つか)」 の会意形声。土を盛り上げた墳墓の こと。
梯(はしご)http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/3393/?dmy=1485480601&fontsize=5&reverse=0&TEACUPRBBS=5b53cb06983710d96ce8158af3a2e0f3
ヤコブ・スタッフ (ヤコブの棒) はクロス・スタッフ (十字棒, cross staff), ballastella とか フォア・スタッフ (前方棒, fore staff) あるいは balestilha とも呼ばれ、色々な物の名前 として使用される。
ヤコブの棒http://mail2.nara-edu.ac.jp/~asait/kuiper_belt/navigation/jacob_staff.htm
測量装置を支えるための棒も「ヤコブスタッフ」と呼ばれますが、 これは伊能忠敬の測量装置に登場しており、そこでは「杖」と呼ばれています。 円周儀の訳注を参照。 スタッフの本来の意味は「棒」で、これが時には「杖」の意味になります (ウェブスターの英々辞書)。 オランダ語でも同じだと思われ、伊能忠敬の「杖」(あるいは測量装置の全て) がオランダから流入したことを強く示唆しています。 つまりオランダ語の staff に相当する言葉を翻訳する際に「杖」と訳した。

天文学やナビゲーションでは角度を測定するための単純な装置で、 後に六分儀で置き換えられた。
測量では垂直な棒のことで、地面に突き刺して、 コンパスなどの支えにする。

航海術においては、装置はクロス・スタッフ (十字棒、cross-staff) とも呼ばれ、 北極星や太陽の高度を測定することにより船舶の緯度を決定するために使用される。
ヤコブ・スタッフ (ヤコブの棒) が天文観測に使用される場合には天文放射棒 (radius astronomicus) とも呼ばれる。 クロス・スタッフ (十字棒) が凋落した現在では「ヤコブ・スタッフ」(ヤコブの棒) は主に測量器具を支える装置を意味する。

航海の目当てにした星として大角星(アルクトゥルス、ハワイではあのホクレア)が出てきます。ホメロスがこの作品を書いたと思われる紀元前7,8世紀頃は地球の歳差運動のためにアルクトゥルスは北緯35度付近で天頂を通っていたらしいのです。ちょうどクレタ島とか地中海の上です。だから古代ギリシャやおそらくフェニキアの航海者は大事な目標のひとつとしてアルクトゥルスを使ったのだと。当時北極星は天の北極を回る、目立たないマイナーな星だったと。紀元前後になるとアルクトゥルスは北緯31度付近の天頂を通るようになる。エジプトのアレキサンドリア付近です。
 今弥生時代の年代が紀元前1000年にも迫る勢いなので、ホメロスの時代です。そして北緯35度をたどると西日本、東京の少し南あたりを通ります。揚子江下流域から東シナ海を越え、西日本を目指すなら、アルクトゥルスは大事な目印になったのではないか? 北緯31度なら鹿児島あたりでしょうか。
いずれにせよ弥生時代が今から3000年前にさかのぼるならホメロスの時代に近くなり、地中海と東シナ海や日本海の緯度がほぼ同じですから、オディセウスと弥生人は同じホクレアの星を見て航海した? などと
弥生人もホクレア星を見た?!http://hokusym08.exblog.jp/m2009-03-01/

弥生人もホクレア星を見た? ... 今弥生 時代の年代が紀元前1000年にも迫る勢いなので、ホメロスの時代です。http://hokusym08.exblog.jp/page/12/
オディセウスの中には航海の目当てにした星として大角星(アルクトゥルス、ハワイではあのホクレア)が出てきます。ホメロスがこの作品を書いたと思われる紀元前7,8世紀頃は地球の歳差運動のためにアルクトゥルスは北緯35度付近で天頂を通っていたらしいのです。ちょうどクレタ島とか地中海の上です。だから古代ギリシャやおそらくフェニキアの航海者は大事な目標のひとつとしてアルクトゥルスを使ったのだと。当時北極星は天の北極を回る、目立たないマイナーな星だったと。紀元前後になるとアルクトゥルスは北緯31度付近の天頂を通るようになる。エジプトのアレキサンドリア付近です。
 今弥生時代の年代が紀元前1000年にも迫る勢いなので、ホメロスの時代です。そして北緯35度をたどると西日本、東京の少し南あたりを通ります。揚子江下流域から東シナ海を越え、西日本を目指すなら、アルクトゥルスは大事な目印になったのではないか? 北緯31度なら鹿児島あたりでしょうか。
いずれにせよ弥生時代が今から3000年前にさかのぼるならホメロスの時代に近くなり、地中海と東シナ海や日本海の緯度がほぼ同じですから、オディセウスと弥生人は同じホクレアの星を見て航海した? などと想像すると楽しくなります(sharkdaller)。

星の羅針盤 | ハワイの神話と伝説http://www.legendaryhawaii.com/ancient/p03
伝説のハワイイロアの時代以来、古代ハワイの人々は、 星を羅針盤として太平洋を自在に駆け巡っていたはずなのに、そういう技術が失われてすでに数百年が経っていたのです。
【ホクレア号プロジェクト】
ホク・レアとは、直訳すると「幸福の星」、うしかい座のアークトゥルスのことです。

イスラム帝国で使用されたカマルは BC 400 年頃の 天文学用のクロス・スタッフから派生したものと思われています。
ナビゲーションの歴史 http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/navigation/navigation.htm
カマルはおよそ 2 インチ × 1 インチ (5.1 cm × 2.5 cm) の長方形の板からなり、 等間隔に結び目が付いた紐が板の中央の穴を通してつながっていた。 カマルを使用する際には紐の一端を歯でくわえ、もう一方はほぼ地面に平行になるように 体から離して保持した。 次に板を紐に沿って移動し、下端が水平線と重なり、上端が目的の星をちょうど隠すようにようにした。 目的の星は典型的には北極星で、この理由は北極星が水平線となす角が緯度や時間によって 変化しないためである。 歯から板までの結び目を勘定することで角度が測定された、 あるいはよく知っている緯度に旅をする時であれば、特別な結び目を紐に付けた。
典型的には一本の指の幅の角度を測るために、結び目が付けられた。 腕を伸ばした時に一本の指の幅は人によってほぼ同じような角度となる。 これはおよその角度を測定する時に広く使用された方法で、 現在でも使用されている。この角度はアラビア語で issabah と呼び、 中国語では chih と呼ぶ。 現代の単位では、これはおよそ 1 度 36 分 25 秒、あるいは 1.5 度よりも少し大きな角度である。
板の幅が限られていたため、カマルは赤道に近い緯度で北極星を観測するのに効果があったのみであり、 これがヨーロッパであまり使用されなかった理由かもしれない。 ヨーロッパのような高緯度の場所では、同じ原理に基づく幾分もう少し複雑な装置が必要であった、 すなわち クロススタッフ (十字棒、cross staff) やバックスタッフ (後方棒、backstaff) である。
カマルは現在でも シーカヤック に推奨できる道具である。 このような用途では岸までの距離を評価するのに使用できる。
クロス・スタッフから派生

丰 ・・・梯?
ヤコブスタッフ (ヤコブの棒)
岐 丰 (杉紋 )・・・古代測量の形。

天使の階段、ヤコブの梯子、レンブラント 光線などとも呼ばれる。 ..... 航海術においては、装置は十字棒 (cross-staff) とも呼ばれ 、北極星や太陽の高度を測定することにより船の緯度を決定するため ...http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/298
「陛」とは、 盛り土(阜)を表す左側と、きざはし(坒)を表す右側から成り立つ。 …
http://rirurirupon.blog37.fc2.com/blog-date-20050706.html
土を持ってできた階段を表し、
転じてその階段の天辺におわす高貴な人を示すようになったのです。
で、一般人は下から上にいる貴人を見るので、階段の下、から「陛下」と呼びかけることになるわけです。

坒は地上階に人が並ぶ という字である。 音訓: 音読みはヘイ、訓読みは、きざはし。 ...
http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%99%9B
玉篇には「天子の階なり」とある。

盛り土(阜) ?・・・山の石無き者なり。象形」と丘の象形とする。

山脊(さんせき)なり、山に従ひ、网を 聲とす。http://jigen.net/kanji/23713

「网」字は糸や縄を編んで作っ た鳥獣魚類を捕らえるための道具である網を意味し、「罔」字および「網」字の初文である 。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BD%91%E9%83%A8
楷書ではこれを「?」「?」「罒」「罓」といった形に変形させており、このうち「罒」の形が最も多く使われる。篆書では上と左右を囲っており、網に捕らわれている様子を醸し出しているが、「罒」は上だけに置かれ、網の形を想像しにくい。また「?」は「目」の変形(よこめ)と同形であり、「?」は「穴」の変形と同形となっている。

山」+「网」(説文解字「山骨也从山网聲」)。「网」は「網」及び「綱」の原字、ここでは後者 の ... 意義[編集]. おか。 「岡」は上部が平らになった台地状のものを意味し、「丘」はもと は真ん中がくぼんだ盆地状のもの、後には小山上のものを意味するようになった。
異体字 : ?(簡体字), 堽(同字), 崗(俗字),https://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%B2%A1
字源[編集]
会意。「山」+「网」(説文解字「山骨也从山网聲」)。「网」は「網」及び「綱」の原字、ここでは後者のぴんと張ったつなを意味し、高台のしっかりした固い(→「剛」「鋼」)土地を意味する(藤堂)。
高台のしっかりした固い土地

固 コ・かためる・かたまる・かたい 囗部 解字 「囗(かこい)+古コ(祝詞を入れた器を盾で 守る)」の会意形声。祝詞を入れた器を盾で守る形に、さらに外を囲んで、かたく守ること 。
「固コ」 <かためる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/70312a4f73fd4014a713cf232670d4d6
箇 カ・コ  竹部
解字 「竹(物の代表)+固(独立した)」 の会意形声。個々の独立した物を指したり、数えたりする語。
意味 (1)物を一つ一つさす語。この。これ。あの。「箇所カショ」「箇条カジョウ」「三箇所サンカショ」「三ケ所サンカショ」(=三箇所。ケは、箇の竹かんむりの一つを取り出した略字で箇と同じ意味を表す。したがって「ケ(け)」と発音しない) (2)物を数えるのに添える語。(=個と通用する)
三箇所
三角網
三角網(さんかくもう)と呼ばれる非常に巨大な三角形群の正確な測量 を行うことも指すことがある。 .... 紀元前6世紀の古代ギリシアの哲学者タレスは、 ピラミッドの影の長さを測り、また同時刻における自分自身の影の長さを測っ ...
三角測量https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E6%B8%AC%E9%87%8F
三角測量はまた、三角網(さんかくもう)と呼ばれる非常に巨大な三角形群の正確な測量を行うことも指すことがある。これはヴィレブロルト・スネルが1615年から1617年にかけて行った業績に由来している。スネルは、三つの既知の点に対する未知の点の角度を、既知の点からではなく未知の点から測定して、その点の位置を確定する方法(後方交会法)を示した。より規模の大きな三角形を最初に測定することにより、測量誤差を最小化できる。そうすれば、その三角形の内部の点は三角形に対して正確に位置を測定することができる。

 鼎で占うことから「神意をうかがう」(貞・偵)
http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4247
鼎 アリダード 貞 テイ <鼎による占い>http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4247
神意をうかがう
覗う
司(祭りをつかさどる)さぐる。おしはかる。うかがう(覗う)。のぞく(覗く)。
「司シ」 <神につげる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/289ab71a0eec58e2b520d495662b39cf
解字 甲骨文は、「人の変形+口(神への言葉をいれる器)」 の会意。神への祈りの言葉をいれた器を前に、手を出して祈る人の形で、祭りをつかさどる人の意。金文も同じ形。篆文から、祈る人は、人と手がはなれた刁になり、口を加えて司になった。
意味 (1)つかさどる(司る)。責任者として行なう。「司会シカイ」「司書シショ」「司法シホウ」 (2)つかさ(司)。役人。つとめ。「祭司サイシ」「国司コクシ」 (3)うかがう。

イメージ  祭りを 「つかさどる」 (司・祠・嗣・飼・笥)
       祈りの言葉を、 「神へつげる」 (詞)
       神へ祈りの言葉をつげて、 「神の意志をうかがう」 (伺・嗣・覗)
音の変化  シ:司・祠・嗣・飼・笥・伺・嗣・覗

つかさどる
祠 シ・ほこら  示部
解字 「示(祭壇)+司(祭りをつかさどる)」 の会意形声。祭りをつかさどる人が祭壇に向かい祈ること。神をまつる意。また、祭っているほこらの意となる。
意味 (1)ほこら(祠)。まつる(祀る)。神をまつるたてもの。おたまや。先祖の霊をまつる所。「祠堂シドウ」 (2)まつる(祠る)。神をまつる。「合祠ゴウシ」(合わせまつる)
嗣 シ・つぐ  口部
解字 金文は、「口(くち)+子(こども)+冊(短冊・ふだ)+司(祭りをつかさどる人)」 の会意形声。祭りをつかさどる人が冊(ふだ)に書かれた内容を口で読みあげて子(後継者)を指名すること。あとつぎ・あとをつぐ意となる。篆文から、子が省略された。
意味 (1)つぐ(嗣ぐ)。あとをつぐ。「継嗣ケイシ」(継も嗣も、つぐ意。あとつぎ) (2)あとつぎ。よつぎ。「嗣子シシ」「嗣君シクン」(あとつぎの君。嗣子の敬称)
飼 シ・かう  食部
解字 「食(たべる)+司(つかさどる)」 の会意形声。動物の食べ物を司る(責任をもつ)こと、即ち、動物を飼うこと。
意味 かう(飼う)。やしなう。動物を養い育てる。「飼育シイク」「飼料シリョウ」
笥 シ・ス・け・はこ  竹部
解字 「竹(たけ)+司(つかさどる)」の会意形声。衣類など特定のものを、司る(管理する)竹で編んだはこをいう。
意味 け(笥)。はこ(笥)。食物を盛るうつわ。また、衣などを入れるはこ。「笥子けこ」(食物を盛る容器)「衣笥イシ」(着物を入れるはこ)「箪笥タンス」(衣類などを整理・収納する引出しのある家具)

神へつげる
詞 シ・ことば  言部
解字 「言(ことば)+司(神へつげる)」 の会意形声。神へ告げる言葉が原義。いう・つげる意のほか、単語や文章の意で使われる。
意味 (1)いう。告げる。説く。「台詞せりふ」(いう言葉) (2)ことば(詞)。単語。語句。「品詞ヒンシ」「詞韻シイン」(ことばのひびき) (3)文章。詩歌。韻文の一体。「歌詞カシ」「祝詞のりと・シュクシ」

神の意志をうかがう
伺 シ・うかがう  人部
解字 「人(ひと)+司(神の意志をうかがう)」 の会意形声。神の意志をうかがう人。また、うかがうこと。うかがう為にそばで、はべる意ともなる。
意味 (1)うかがう(伺う)。さぐる。おしはかる。「伺察シサツ」(うかがい察する。さぐる) (2)はべる。人に仕える。「伺候シコウ」(おそばで奉仕する) (3)[国]うかがう(伺う)。問う・尋ねる、の謙譲語。 (4)[国]うかがう(伺う)。訪問するの謙譲語。「お宅へ伺う」
覗 シ・うかがう  見部
解字 「見(みる)+司(神の意志をうかがう)」の会意形声。神の意志をうかがうように、そっと見ること。のぞき見ること。
意味 うかがう(覗う)。のぞく(覗く)。そっと見る。
 

イスラエルの10支族5

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月23日(日)00時42分41秒
返信・引用 編集済
  もう、何がなんだかわからない感じになってきてますが、どうぞ皆さんお好きに論議してくださいね。

さて、先日の続きですが、百越の位置について考えてついでに、イスラエル12支族の配置との間に相関性がないか確認しています。その位置は図のとおりです。

こうみると、酪越とルベンが南の外れでラ音を有している点で共通してますね。

また、ガド、エフライム,ダンの並びが、カン越、・、ガン越の並びと類似します。


その下のベニヤミンと、ビン越も対応するでしょうか。

一番上のイサカルと、これが、越つまり月氏と隣接していたサカの配置を思わせます。

同じく、キュウ虞つまり呉と、スキュウタイの位置も、北に隣接している点で共通性があるでしょう。

あと、オウ越、南越のあたりは、ユダ・シメオンといった離散しなかった2族のそれをおもわせます。

さらに西には雲南のテン越がいて、そこにはロロ族などの月氏系の集団がいたはずですが、それが先の東隣の酪越のラ音で共通してくるのでしょう。

羅とも記しますね。

おそらく、イスラエルの10支族が離散した後、ゲッタイ、月氏、越として現れるまでに、その部族同士の支配領域の位置関係というのを、未だ維持していた可能性を感じます。エフライムとかダン,ガドといった中心的な支族がいて、彼らはいつも一番いい中心地を支配していたのかもしれません。

長江河口付近とか一番発展したあたりです。

その周囲に、マナセとか、ベニヤミンとかが位置して、一番外れていたところに、ルベンとかがいてしんがりのように移動していった、そういう可能性も感じます。

そしてその移動にさいして、スキタイなども一緒になって移動していったので、それが上記のように周辺領域の地名にみえてくるのではないでしょうか。

後の呉越の争いは、元々同じくして移動していった集団の中で、スキタイ系とイスラエル系があって、その争いだった可能性もあります。キュウグから呉となるのですが、このキュウがスキュウタイなわけです。

越はエラッツでイスラエルの支族の土地の意味。

両者とも太伯の子孫を名乗るのですが、それは倭人も同じわけですね。

それで日本へ移動した集団はどれだったのかが課題ですが、南西諸島の琉球などにみえるキュウ音のそれは、やはりさきのキュウ具、つまり呉のスキタイ系の子孫が多いように見えます。

後々北上して、ヒュウガ、キュウザキ(宮崎)、九州、熊襲といったキュウ・ク音を残しながら、スキタイ系の神話のうつしである山幸彦伝承を持ち込んでいきます。

ただその山幸彦伝承に見える南方系習俗の一部に、出エジプトのような旧約イスラエル伝承がまじっていることをみると、呉の南方の越の領域の住民も混じっていた可能性がありそうです。

越、ユエッツ、イツ、イチという地名を残した可能性があります。
伊都、伊支、宇佐、伊勢とか、どうでしょうね。南方海人形でありながら、少し異なっている。

先の図のように、呉などの主要領域にいたのは、エフライム、マナセ、ガド、ダンといった集団でしょうから、その名残が日本や南西諸島の地名に見えるかどうかも課題です。

タン州、イ州の件は以前論じましたが、タンとかダンは、タネガシマとかに見えますね。

それとは別に、中山王国から鮮卑、つまり具、扶余を経由して南下してきた伽耶形集団のそれもありますが、燕の日本支配からはじまる、つまり弥生後期ですね。このころや、やはりスキタイ・イスラエル系の文化が入りはじめるわけです。

それは遊牧民の銅鏡とか測量道具をもっていて、北九州から瀬戸内、畿内へと進出していくわけです。
彼らと邪馬台国の支配者とは関係していると思うのですが、4世紀頃に、先の南方系のスキタイ色の濃い海人族が畿内進出していって、支配をし始めるわけです。その後さらに渡来形の集団が彼らを支配する。

それでスキタイ人のレガリアは、黄金の盃やケンなどですね。
イスラエル人のそれはメノラーとか神殿とか特徴があり、双方ことなっているものの、それをみると同族だと判る何かがあったでしょう。だから同族で喧嘩はしない。聖書やヘブライ文字などもそうですね。

どこかでそれぞれ継承していて、それを見せ合うことで、同族だと理解していたはずです。

そういう意味で最終的な集合地点としての日本列島の位置は重要だと言えるでしょう。
記紀にみえる鳴り鏑の矢などは、典型的なそれですね。
弓矢にそういうのを見出すのは、扶余・高句麗系の特徴でしょう。


いろんな集団があちこちから渡来してきて、それでアイデンティティ・レガリアとなるものを見せ合いながら、同族確認をして、新たな集団を造り出していくわけです。氏のようなものですね。

そのカテロゴリーは、中国系、朝鮮系、スキタイ、イスラエル、ゾグド形といった具合で、
似たような接点のある神話を集合しながら、徐々に同族のようになっていくわけです。
そこで系譜みたいなものもでてきて、姓のようなものもでてくる。

その結合原理が、どのようにしてなりたっていったのか。この辺もそれを物語神話伝承などをみていくとよく理解できてくるでしょうし、後代までその論理が継承されていったりするわけです。

考えていくといろいろありますね。地道に整理していきましょう。
 

100+【53】・・・シモン・ペテロは舟に上がって、網を陸地に引き上げた。

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 4月22日(土)15時02分7秒
返信・引用
  それは百五十三匹の大きな魚でいっぱいであった。
長さ 53 「肘」度もはかる意    禾(稲)+ム(ひじをまげる)(稲)+ム(ひじをまげる) 倭人=呉
ムコウ(ひじを曲げた形)」
「ムコウ」 <ひじ> と 「厷コウ」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/f51988c708ac88a42751dc79b367cae3
解字 甲骨文は手からのびる前腕の下方に〇印をつけ、そこが「ひじ」であることを示している。篆文第一字は、腕をまげたかたちで「ひじ」を表し、第二字は、「又(右手)+ムコウ(ひじを曲げた形)」の会意形声で、右手のひじを表す。ム・厷いずれも「ひじ」を表す。
意味 ひじ。

イメージ  「ひじ」 (肱)
       「ひじをまげる」 (弘・強・雄)、 「まげる」 (勾・鈎)
       「同音代替」 (宏・紘)、 「その他」 (私)
音の変化  コウ:肱・弘・勾・鈎・宏・紘  キョウ:強  シ:私  ユウ:雄

ひじ
肱 コウ・ひじ  月部にく
解字 「月(からだ)+厷(ひじ)」の会意形声。厷は、もともと「ひじ」の意。これに月(からだ)を付けて、ひじの意を明確にした。
意味 (1)ひじ(肱)。肘とも書く。上腕と前腕をつなぐ関節。また、その折れ曲がる外側の部分。「股肱ココウ」(またとひじ。手足となって働く家臣) (2)ひじの形に曲がっているもの。

ひじをまげる
弘 コウ・グ・ひろい・ひろめる  弓部
解字 「弓(ゆみ)+ム(ひじをまげる)」の形声。ひじを曲げて弓をひく意。しかし、本来の意味でなく広コウ・宏コウ(ひろい)に通じて、ひろい・おおきい意で使われる。グの発音は仏教用語。
意味 (1)ひろい(弘い)。「弘遠コウエン」(ひろくて遠い)「弘願グガン」(広大な誓願。阿弥陀仏の本願のこと) (2)ひろめる(弘める)。「弘法グホウ」(仏法を世に広める) (3)「弘法コウボウ」とは、弘法大師の略。
強 キョウ・ゴウ・つよい・つよまる・つよめる・しいる  弓部
解字 「虫(むし)+弘(弓をひく)」の会意形声。弘は、もともと弓を引く意。虫は蚕(かいこ)の意で、ここでは天蚕テグスを指す。強は、弓をひく天蚕の糸の意。天蚕は強靭キョウジンであることから、弓の弦に使われており、「強い弓」⇒「強い」意となった。
意味 (1)つよい(強い)。力がある。「強健キョウケン」「頑強ガンキョウ」 (2)つよめる(強める)。つよまる(強まる)。「強化キョウカ」「強制キョウセイ」 (3)しいる(強いる)。「強引ゴウイン」 (4)かたい。こわばる。「強張る」
雄 ユウ・お・おす  隹部
解字 「隹(とり)+厷(ひじをまげる)」 の会意。厷コウは、右手のひじを曲げた形で、弓をひくかたち。弓をひくのは男であり、これに隹とりの付いた雄は鳥のオスの意。転じて、いさましい・強い・すぐれる意となる。
意味 (1)おす(雄)。お(雄)。「雄鶏おんどり」「雌雄シユウ」 (2)おおしい。いさましい。ひいでる。すぐれた人物。「雄姿ユウシ」「英雄エイユウ」

まげる
勾 コウ・まがる  勹部
解字 「勹(身体をまげる形)+ム(まげる)」の会意形声。勹は人が身体をまげる形。さらにム(まげる)が付き、まがる意を表す。また、同音である拘コウ(とらえる)に通じ、とらえる意も表す。日本では、降コウ(おりる)に通じ、傾斜の度合いを表す。
意味 (1)まがる。まげる。「勾玉まがたま」 (2)とらえる。(=拘)「勾引コウイン=拘引」(とらえてひきつれる)「勾留コウリュウ」(とらえてとどめおく=拘留。法律用語では、勾留は調べるため、とらえてとどめること。拘留は、とらえてとどめおく刑罰) (3)[国]傾斜の度合い。「勾配コウバイ」
鈎 コウ・かぎ  金部
解字 「金(金属)+勾(まがる)」の会意形声。まがった形の金属。
意味 かぎ(鈎)。鉤コウの異体字で鉤と同字。

同音代替
宏 コウ・ひろい  宀部
解字 「宀(やね)+厷(コウ)」の形声。コウは広コウ(ひろい)に通じ、家屋が広く奥深い意。転じて、ひろい意に用いる。
意味 ひろい(宏い)。大きい。すぐれる。「宏大コウダイ」(ひろく大きい)「宏図コウト」(大きなはかりごと)「宏遠コウエン」(ひろく遠い)
紘 コウ  糸部
解字 「糸(ひも)+厷(=宏。ひろい)」の会意形声。ひろい場所に掛け渡す、ひもや、つなの意。また、広く大きい・そのはての意ともなる。
意味 (1)ひも。 (2)つな。おおづな。 (3)広く大きい。 (4)はて。きわみ。「八紘ハッコウ」(八つのはて、即ち四方と四隅。地の果て。転じて天下)「八紘一宇ハッコウイチウ」(世界を一つの家とすること)

その他
私 シ・わたくし・わたし  禾部
「禾(こくもつ)+ム」 だが、ムシをスキ(耜)とする見解と、ムコウ(ひじ)で囲い込むとする見解がある。どちらが正しいか判断できないので、覚えやすいほうを、覚え方として掲げる。
覚え方 「禾(稲)+ム(ひじをまげる)」 の会意。稔った稲を自分のひじをまげて囲いとること。
意味 (1)わたくし(私)。わたし(私)。自分。自分のもの。自分ひとりの利益や考え。「私益シエキ」「私有シユウ」「私人シジン」 (2)ひそか。こっそり。「私語シゴ」「私通シツウ」

私 シ・わたくし・わたし  禾部・・・
「委イ」 と 「季キ」 <禾の下に女と子がついた字>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/d54b192c223e1a1bb600e10a9e17d690
音符 「委イ」 と 「季キ」 は、禾(実って垂れている穂)の下に女と子がついた字である。垂れている穂に「女」「子」をつけて何を表そうとしているのか。
            委 イ <女が身体をなよなよさせる>
なよなよ
なよなよした女の象形と 関連付けられ変形を受けています。 石器時代 .... 娯」=「女」+「呉」:=おんな+常態 でないもの=>常態でない女=>楽しんでいる女=>たのしむ(「呉」cf.71) 「姥」=
漢字の解読4 「女」の追及http://shoukei.blog65.fc2.com/blog-entry-85.html

紀元前450年頃の、つまり春秋時代(「呉越同舟」で有名な呉越戦争の時代 で、呉が滅亡した時期)の組織的な大規模な水田跡が九州で見つかっており、又、「倭人 は周の子孫を自称した。」
倭人https://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-snvaio&p=%E3%80%80%E5%91%89%E3%80%80%E5%80%AD%E4%BA%BA&ei=UTF-8

倭人の祖先は呉の太伯の子孫?https://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-snvaio&p=%E3%80%80%E5%91%89%E3%80%80%E5%80%AD%E4%BA%BA&ei=UTF-8
 成王とは周王朝の2代目で、中国政府の「夏殷周年表プロジェクト」によって確定された在位は紀元前1042年から1021年の22年間である。したがって紀元前1040年頃、すでに倭人という存在が知られており、時代的には太白が周王朝の創始を弟の季歴に譲って次兄の虞仲とともに南方に奔り、呉を建国した頃でもある。

女が身体をなよなよとさせる形で、力なく他人に身をまかせる女の意。 ... ②「禹歩」に、 足を病んだ歩行困難が絡まっている、ことである。 ... 俺(おれ) 奄(エン) 私=禹=ム 足 なえ の足跡(そくせき)
「倭」・・・委・・・彌子(巫女?)爾(なんじ)・・・禾 ・・・十八宿の起点 http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/2919
麦の穂
「スピガ(麦の穂)」は、古代ローマから受け継がれ てきた幸運のシンボル“麦の穂”をモチーフとしたもの。http://www.fashion-headline.com/article/2015/02/24/9731.html

スピカ「角(かく)」http://tigaku.com/astronomy/astro_mythology/spring/Bootes.html

角(星座)の用語解説 - 一部の地方で〈しんじぼし〉(真珠星の 意であろう)と呼ばれた。中国名は角。アークトゥルスの大角とともに巨大な竜の角に 見立てている。

角宿(音読:かくしゅく(かくしゅう)、訓読:すぼし)は、二十八宿の一つで東方青龍七宿の 第一宿。二十八宿の起点となる星宿でもある。距星はおとめ座α星(スピカ)。
十八宿の起点
おとめ座のスピカとその周辺のこと。二十八宿(にじゅうはっしゅく、古代中国で月が地球 を一周する間に通過する28の星座)の一つで東方青龍七宿の第一宿。二十八宿の起点 となる星宿。距星(きょせい、各宿の基準点となる星)はおとめ座α(アルファ)星、スピカ ...http://hyogen.info/word/9352497
「青龍の角」の意。角星(すぼし)。角(かく)。

スピカとはラテン語で「小麦の穂」の意で、 正義の女神アストライアが左手に持つ小麦の穂の位置にあたる部分にある。

ほぼY字型をした大きな星座で、女神が手にした麦の穂のところに 輝くアルファ星の1等星は、スピカ(麦の穂)と名づけられています。
おとめ座http://homepage3.nifty.com/chances/asuca/virgo.htm

中国ではアルクテゥルスとおとめ座のスピカをさそり座のS字のカーブが描く巨大な青竜の二本の角と考え、長い角をアルクテゥルス が表し「大角(だいかく)」、短い角をスピカが表し「角(かく)」と呼んでい ました。

【禾】http://koyomi.vis.ne.jp/doc/mlko/201109070.htm
【禾】(〔音〕カ〈クヮ(漢)〉〔訓〕のぎ) [意味] 1.稲。穀類の総称。「禾本科」 2.稲などの穂先 についている毛。のぎ。のげ。 [解字] 解字穂先のたれた植物を描いた象形文字。 【のぎ】 (芒)
【のぎ】 (芒)
1.イネ科の植物の花の外殻(穎(えい))にある針のような突起。
   のげ。〈新撰字鏡7〉
  2.(「禾」とも書く)金箔・銀箔を細長く切った切箔(きりはく)の一種。
   砂子などとともに絵画や装丁の飾りに用いる。野毛(のげ)。
   《広辞苑・第六版》

 「禾」については漢字の偏の一つ「ノギ偏」としてはよく知られていますが
 この文字単体ではあまり一般的な文字とは云えません。

 このあまり一般的でない文字を採り上げたのは、9/3~9/7(2011年)が、七十二候の四十二番目、処暑の末候にあたる「禾実る」だからです。

芒は草の先端であり,. 標は木の先端であり,草の芒はまた 「杪」と解釈され. る(『一切経音義』巻二所引『字林』),そして標は派. 生して標識の意味 とすることができる(段玉裁『説文. 解字注』参照)。http://www.classics.jp/RCS/NL07/NL07Kyu.pdf#search='%E8%8A%92++%E8%A7%A3%E5%AD%97'
「法」と「芒」はいずれも相い反する両方の意味を含む言葉

「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」http://officeecolkaki.blog.jp/archives/1029904724.html
かつては「芒種」に入って最初の壬(みずのえ)の日が「入梅」とされていました。
 今年の最初の「壬」の日は6月15日です。
 現在の入梅は黄経が80°になる日で、立春から数えて135日目の6月11頃に当たります。

(芒)
五芒星
フェニキア のシンボルは 五芒星 と 蛇 http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3143
ボウ族网: モウ、ボウ 貊族(夷貊) ボウ族 貌族一派の高句麗(中国-朝鮮間の民族)http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3031
五芒星(ごぼうせい)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%8A%92%E6%98%9F

エウロパの側に近づくと、うずくまったのです。牡牛はおとなしそうだったので、エウロパはその背に乗ってみました。http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0320a/contents/seiza/fuyu/oushi/shinwa.html
背に乗
白い雄牛となって近づいた ゼウスにだまされ,その背に乗ったまま,海を渡ってクレタ島へ運ばれた。http://kotobank.jp/word/%E3%82%A8%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%83%9A
ギリシア神話で,フェニキア王アゲノルの娘。カドモスの姉妹。浜辺で侍女たちとたわむれていたとき,白い雄牛となって近づいたゼウスにだまされ,その背に乗ったまま,海を渡ってクレタ島へ運ばれた。彼女はこの島でゼウスと交わって,ミノス(のちのクレタ王),ラダマンテュス(死後冥府の裁判官となった),サルペドン(のちのリュキア王)の3子を生んだ。その後,クレタ王アステリオスの妃となり,死後は女神としてあがめられた。

   女神・・・巫女・・・術師

   古典的降霊術師は、トランス状態のシャーマンの呟き声に類似する「甲高い喚き声と 低い唸り声の入り混じった」言葉で死者に呼びかけた。 ストラボンは .... たとえば「巫女の 予言」の中に、オージンが未来を教えてもらうために女予言者たちを呼び出す場面が ある。
    降霊術 - Wikipedia
巫女

「夭ヨウ」<舞い祈る巫女>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/a6fd93a4e7559d87937d7efc190a706f
解字 若い巫女フジョが身をくねらせながら舞い祈る形の象形。若い、また、殀ヨウに通じて若死の意がある[字統]。
意味 (1)わかい(夭い)。わかく美しい。「夭桃ヨウトウ」(若々しく美しい桃の花)(2)若死にする(=殀)。「夭折ヨウセツ」

イメージ  若い巫女が舞い祈る形から「若くなよなよとした」 (夭・妖・殀)
       舞う姿から「身をくねらせる」 (笑・咲・呑)

、「口+?(笑の俗字)」 の会意形声。?は笑(わらう)の俗字(略字)で、咲は口をあけて笑う意。
口(くち)
「呉ゴ」 <身をくねらせて笑いこける>
呉[?] ゴ・くれ 口部 解字 「口(くち)+人が身をくねらせるさま」の会意。人が身をくねらせ て口をあけ、笑いさざめく姿を表わす。娯の原字。古くから国名に当てる。 意味 (1)昔の 中国の国名。長江下流の蘇州や南京を都とした国。「呉越同舟 ...
呉[?] ゴ・くれ  口部 http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/191908ea3df6ec46be946f50f31556f2
多数の足があり身をくねらせて進む。蚣コウもむかでの意。百足とも書く。

・・・誤差・・・

アルクトゥールスの大角星に対して,小角あるいは角とも呼ばれる。
スピカ 中国名は角。https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%AB-84639

俀は女のなよなよした状をさす。 推古朝都市計画の復元的研究(Adobe ... 彼は 黄経180度・黄緯0度にほぼ近い位置にあるおとめ座のスピカを使い、皆既月食の時に 月とスピカの角距離を測った。日食や月食は黄道と白道の交点でしか ...
地図のミステリー編」(超古代史)http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/535

角度(セケド)
1キュービットの高さに対し1パームの底辺を持つ三角形を描いてみたら、その 角度がぴったりビンゴ…「ああ、じゃあ、これが角度(セケド)を計算する基準か…」と、 納得する。
古代エジプトの単位http://www.moonover.jp/bekkan/mania/unit.htm
パーム
パーム(隠すこと、隠し持つこと)した手が自然に見えるようになります。 まずは写真のように中指と薬指の腹でコインを持ちます。 手のひらの中央にコインを 押し付けます。 このとき、親指と小指を広げて手のひらを伸ばした状態にします。 そして 、親指 ...http://motemotemagic.com/pdf48te/cointec.html

アルデバランが月に隠される
カーブに沿って伸ばしていくと、「うしかい座」の 1等星アルクトゥールス、「おとめ座」の1等星スピカが見つかります。http://www.nikon-image.com/enjoy/life/stars/1701/
星図を拡大する
1月9日の宵から10日未明にかけて、月がヒヤデス星団の星々やアルデバランの近くを動いて隠していく様子。円の大きさは直径10度

スピカは、太陽の通り道、黄道のすぐ 近くにある星ですので、時々月にも隠されます
5つの星からなる多重星であることが分かっています。http://yamagamiplanning.sakura.ne.jp/guide/permstar/fixedstarprofiles/spica

スピカは秋分点の 近くにある1等星であるため、しばしば歳差運動の観測に利用されてきた。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%AB
スピカを見つける簡単な方法は、北斗七星の取っ手の部分からうしかい座のアークトゥルスまでの長さを同じ分だけ伸ばした所にある。なお、この線を春の大曲線という[7]。
天文学者コペルニクスも、歳差運動の研究のために、手製の視差定規(英語版)でスピカを何度も観測している。

国では「角」と呼ばれている。これは青龍のツノであり、付近の領域は二十八宿の起点となる角宿と呼ばれる。
「角」
牛の角の長さ
稲穂の長さ
古代メソポタミア文明では、いろいろなものをものさしとして使用していました。稲穂の長さだったり、牛の角の長さを利用したりしてものの長さの基準としていました。
女性の中指と親指を広げたときの長さ(17.3センチ)を共通の単位として使用していました。
・・・・視差定規・・・

100+  【53】
153になる。 神の子たち (ムー .... キュビトとは、人 の手のひじから中指の先までの長さをいい、約44センチである。
聖書の数学―その驚異
聖書のゲマトリア
「153」は三角数
 まず、「153」は、1~17までの整数を全部足した数である。
1+2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12+13+14+15+16+17=153
 こうした数は、「トライアングル・ナンバー」(triangle number)または、「三角数」と呼ばれている。
 三角数は、1から始まり、3(1+2)、6(1+2+3)、10(1+2+3+4)・・・・と続く。153は17番目の三角数である。

「龠ヤク」<吹き口が複数あるたて笛>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/3c13b3d539e130fcb2ec8f7f7f98b923
解字 甲骨文は吹き口のある竹二つを紐でくくった形。金文第一字は、「口口(くち二つ)+冊サク(竹を並べて結んだもの)」の会意。吹き口が複数ある竹の管を並べた笛の形。金文第二字は、上にA(あつまる)がつき、吹き口が集まった笛を表す。篆文は、口の数が三つになった龠ヤクとなった。吹き口が三つ、または複数ある竹製の笛。籥ヤクの原字。現物が残っていないので形は不明であるが、竹を丸く集めた笙(しょう)、または一列に並べた「排簫ハイショウ」と思われる。
 龠ヤクは、ふえの意で部首になる。一番画数が多いので漢和辞典の部首索引の最後「17画」にくる。
意味 (1)ふえ(龠)。ふえの一種。あなが三つある笛。(6つのものもある)(2)ふえの総称。
イメージ 「ふえ」(龠・籥)
     「穴がある」(鑰)
音の変化 ヤク:龠・籥・鑰


これが「龠」で形は三角錐ですが、「2龠為合」、2龠を合せて四角錐になり、3合を重ねて 1升になったのは大昔のことです。
http://homepage3.nifty.com/ayumi_ho/yaku.htm
.龠 という概念の輝かしい意義を探る。
 いまや本来の意義さえ顧みらなくなった「龠」という概念。時を経るにつれて、その光は薄れてゆく一方だったわけですが、なにもガッカリすることはない。というのは、時を遡るにつれて、その光は増してゆく一方なので、最も明るく輝いていたのは、おそらく「龠」という字が発明されたその時でしょう。したがって、この漢字が意味するものは、字が生まれたそのときに臨んで見定めるべきです。
 光が薄れてから、それらしい概念を見定めても仕方がない。本当の概念は、この字が誕生する輝かしい場面に居合わて、輝かしい光を浴びていた。私が心に思っているその概念というのは、「ます」とのかかわりにあります。ところが、『漢字源』を見ると、意味①②によって「ふえ」のことを先に挙げて、〔字解〕では「口(穴)」と理解して「ふえを表す」としているので、『漢字源』の思いは、「ふえ」とのかかわりに向いているようです。

おそらく「?合為升」に対する10進法の適用(注)はだいぶ後のことになるとして、初めの頃、「龠」と「升」との関係は、「合」を介していながら、とても親密でした。どうしてかというと、「龠」に 1/6 を切り取られたその立方体が「升」であったからです。「六龠為升」がますの身体であることがはっきりしていた。そこへゆくと、「斗」とか「斛」という上位単位は、「升」が地面に落とした、長い影にすぎない。 合龠為合。三合為升。十升為斗。十斗為斛。......
(注) 「十合為升」とした。すなわち「合」と「升」の関係を10進法で律したときには、下位の単位にまで徹底して10進法を及ぼさないと気がすまないので、〔一合の十分の一〕になる「勺」という単位が定められ、さらには〔一勺の十分の一〕になる「撮」という単位が用意されることになります。いずれにせよ、「龠」と「合」との「合龠為合」という(2進の)関係は行き場を失って宙に浮いているように思われます。

         升 が意味する容器
大きな柄杓のことを「斗」という。「斗(北斗七星)」は星座が柄杓の形をしている。)
合!合!合! 合(合龠為合)の3連発!(三合為升)。 まとめて 「六龠為升」といえる。
 ただし、この字は、1升(=3合、=6龠)の6分の1に引き下がって、1龠を表しています。

>東松山市 宮鼻 八幡神社から北東へ200mの地点、正代地区との境界付近に ある湧き水。

200m 3連発!(三合為升)。 まとめて 「六龠為升」600mといえる。

「国よ来い。国よ来い。」と引いて来て、縫い付けた国は、(麻布が)去豆のところで折り目をつけて絶ち切られている、「八穂米の支豆支乃御埼」である。
http://homepage3.nifty.com/ayumi_ho/tenatuti_1.htm
 (新羅の御埼に見つけた)ちっぽけな麻布は、支豆支の御埼に到着した時、御埼全体を覆うほど巨大になっていた。その麻布を大地に縫いつけるという大掛かりな裁縫がおこなわれていると思われます。このとき、麻布の経(たていと)・緯(よこいと)は、どれほどの太さになっているかと思うと、オミヅヌ命の測量というのはよほどの力仕事になるだろうと思います。そこでは、コンパスや定規という製図器具でさえも、大きな力の要る工具の部類に数えられて当然ですが、たしかに「三身之綱」は綱を真直ぐに引っ張る力をすぐに必要としています。

約600メートル 米升法とものさしhttp://8906.teacup.com/toraijin/bbs/675

長さはおおむね 43 - 53 センチメートルで ある。
キュビットhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88
「キュビット」という名称は、ラテン語で「肘」を意味する cubitum に由来する
「肘」
「寸スン」 <(1)ひじ (2)親指のはば>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/89f06a4f0dfeec06da73ea98431b17b7
解字 甲骨文字は、三本ゆびで表した手の下方の湾曲する部分に短い曲線をつけ、ひじを表わした指示文字。肘ひじの原字。寸は、もと肘を意味した[甲骨文字小字典]。篆文は 「手+-印」 の形になり、手の親指一本分の幅の意味に変化した。指の幅は人によってまちまちなので、のち時の政権によって公定尺が決められた。長さの意味のほか、親指一本の幅から、すこし・わずかの意ともなる。ひじの意味は音符に残っている。また、音符では、又(て)と同じく手の意味で使われる。寸は部首になり、手にもつ意(尊・専・対など)を表す。
意味 (1)長さの単位。尺の十分の一。日本で1寸は約3㎝。周代では、2.25㎝。「五寸ゴスン」 (2)長さ。「寸法スンポウ」(各部分の長さ。また、基準) (3)すこし。わずか。「寸暇スンカ」(わずかのひま)「一寸ちょっと」 (4)はかる。
参考 寸は部首「寸すん」となる。部首の寸は、長さの単位でなく「手にとる」意を表し、又と同じ意味でつかわれる。常用漢字で12字、約14,600字を収録する『新漢語林』では28字が寸部に収録されている。主な字は以下のとおり。
  導ドウ(寸+音符「道ドウ」)・対[對]タイ(丵+土+寸の会意)・射シャ(身+寸の会意)・
  将[將]ショウ(爿+月+寸の会意)・尊ソン(寸+酋の会意)・専[專]セン(寸+叀の会意形声)・
  尉イ(寸を含む会意)・寺ジ(土+寸の会意)・封フウ(寸+圭の会意)・
  尋ジン(寸を含む会意)・寿[壽]ジュ(寸を含む会意)、
このうち射シャ・将ショウ・尊ソン・専セン・尉イ・寺ジ・封フウ・尋ジン・寿ジュが音符になる。

イメージ 「ながさ」(寸・吋・忖)
      「しばらく(一寸)」(村)
      「て(手)」(厨)
      本来の意味である「ひじ・ひじでしめつける」(肘・酎・討)
音の変化  スン:寸  ソン:忖・村  チュウ:厨・肘・酎  トウ:吋・討

 「寸スン」 <(1)ひじ (2)親指のはば>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/89f06a4f0dfeec06da73ea98431b17b7
解字 甲骨文字は、三本ゆびで表した手の下方の湾曲する部分に短い曲線をつけ、ひじを表わした指示文字。肘ひじの原字。寸は、もと肘を意味した[甲骨文字小字典]。篆文は 「手+-印」 の形になり、手の親指一本分の幅の意味に変化した。指の幅は人によってまちまちなので、のち時の政権によって公定尺が決められた。長さの意味のほか、親指一本の幅から、すこし・わずかの意ともなる。ひじの意味は音符に残っている。また、音符では、又(て)と同じく手の意味で使われる。寸は部首になり、手にもつ意(尊・専・対など)を表す。
意味 (1)長さの単位。尺の十分の一。日本で1寸は約3㎝。周代では、2.25㎝。「五寸ゴスン」 (2)長さ。「寸法スンポウ」(各部分の長さ。また、基準) (3)すこし。わずか。「寸暇スンカ」(わずかのひま)「一寸ちょっと」 (4)はかる。
参考 寸は部首「寸すん」となる。部首の寸は、長さの単位でなく「手にとる」意を表し、又と同じ意味でつかわれる。常用漢字で12字、約14,600字を収録する『新漢語林』では28字が寸部に収録されている。主な字は以下のとおり。
  導ドウ(寸+音符「道ドウ」)・対[對]タイ(丵+土+寸の会意)・射シャ(身+寸の会意)・
  将[將]ショウ(爿+月+寸の会意)・尊ソン(寸+酋の会意)・専[專]セン(寸+叀の会意形声)・
  尉イ(寸を含む会意)・寺ジ(土+寸の会意)・封フウ(寸+圭の会意)・
  尋ジン(寸を含む会意)・寿[壽]ジュ(寸を含む会意)、
このうち射シャ・将ショウ・尊ソン・専セン・尉イ・寺ジ・封フウ・尋ジン・寿ジュが音符になる。

イメージ 「ながさ」(寸・吋・忖)
      「しばらく(一寸)」(村)
      「て(手)」(厨)
      本来の意味である「ひじ・ひじでしめつける」(肘・酎・討)
音の変化  スン:寸  ソン:忖・村  チュウ:厨・肘・酎  トウ:吋・討

ながさ・・・はかる(忖る)
吋 トウ・スン・いんち  口部
解字 「口(くちまね)+寸(長さ:一寸)」 の会意形声。イギリスの一寸にあたる長さを、口まねする意の字。
意味 インチ(吋)。ヤード・ポンド法の長さの単位。1インチは約2.5㎝。
忖 ソン・はかる  忄部
解字 「忄(心)+寸(長さをはかる)」の会意形声。寸は長さの意のほか、長さをはかる意がある。忖は、相手の心をおしはかること。
意味 はかる(忖る)。おしはかる。「忖度ソンタク」(他人の心をおしはかること。度もはかる意)
 

東国三社と冬の三角形(続き)

 投稿者:弓張月  投稿日:2017年 4月22日(土)10時07分40秒
返信・引用 編集済
  おじゃまします。
岡倉天心は、常陸大津のお船祭が行われている北茨城市五浦に六角堂を立てていますが、妙高山(別名、須弥山)のある妙高市にも六角堂立てているんですね。そしで京都には、聖徳太子創建の六角形のお寺があるようですね。ご本尊の腕の数も6本とか。
聖徳太子は四天王寺で四天王ですが、ニ天門とか、仁王門、そして四天王の何れを取り入れているか?相撲でのこれから三役の土俵入り、三角形と逆三角形型、重ねると六芒星、薬師(やくし)に対しヤクザ、南北朝ですかね?
五浦(いづら)は、=「出づラー」とすると神産みとなり。秦一門は常陸国を意識して常世の国に創り上げたのでしょうね?
日本国憲法の条文の順と古代史、そして岡倉天心,野口雨情,竹内宿禰の末裔の神社も北茨城市あるのは、記紀とは違う古代史が有り、宮内庁などはよく理解しているのでしょう。畿内の古墳群が世界遺産に推薦されないのも、当たり前なのかもしれませんね?
 

参考 縄文測量

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 4月20日(木)15時36分55秒
返信・引用
  これまでのHSCPに関する記載を読まれた方はすでに、神社の発祥について大きな疑問を持たれているに違いありません。ここでは、神社の配列が縄文時代に決まったのではないかと考えられる実例を数多くあげてきました。
神社はいつ作られたか?(三内丸山遺跡から見た神社の起源)http://w312.k.fiw-web.net/hscp/Beginning%20of%20Shinto%20shrine/Sannai-maruyama.html
縄文遺跡-縄文遺跡-山岳の三つを結んだ線も24節気における日の出日の入りと一致する例があることををはじめて示し、古代人の方向を把握する能力が常識に考えられる能力ををはるかに超えていることを示しました。この実例は古代人が可視できない遠方の方角も正確に知ることのできた可能性をより明確にしました。

環状列石は神社群中心の位置にあることが多く、これが発見されると容易に遺跡の中心位置を見つけることが可能です。しかし、三内丸山遺跡のように広大な領域を持つ遺跡では、環状列石がみつからないと、その中心を見つけることはきわめて困難になってしまいます。そこで、もともとこの遺跡は神社群中心となる環状列石を持たず、この遺跡だけが持つ巨大木柱跡の位置が神社群中心ではないかと考えました。
 これは北陸の環状木柱列である真脇遺跡やチカモリ遺跡、桜町遺跡の環状木柱列が神社群中心であることからも容易に思い付くことですが、この考えは見事に的中し、周囲の神社とHSCPの規則で正確に結線することができ、木柱跡の中心位置そのものが神社群中心であることがわかりました。しかも、ここからは春分の日に三角岳(別名黒星岳、標高753m青森県上北郡七戸)の山頂から日の出が見えるのです。

巨大木柱から三角岳へ引いた線に対するピギーバック点を調べて見ます。この結果は図S3に示すように三つのピギーバックポイントがみつかりました。この中で、神社名が不詳で「小牧野不詳神社」とした神社の持つ内角は89.99度とまるで神が決めたようなすばらしい直角精度になっています。
 このような精度で偶然にして直角が出現する大雑把な確率は10,000分の一ですから、このポイント一つを取り上げるだけで、この配列が計画的に成された可能性が非常に高いことを表しています。さらに残りの稲荷神社と白山神社それぞれのポイントの内角が表示のような直角精度になる大雑把な確率は140分の一です。この確率と後に示す神社の分布状況、さらにそれぞれの点が神社群中心の位置にあり、周辺の神社から引いた直角線の収斂点であることや、木柱と三角岳を結んだ線が古代の春分の日の三角岳から出る日の出方向と高い精度で一致することなどを考慮すると、決して偶然では起きない事象であって、この配列が計画的になされたことがわかります。

キリストの墓がこのリンクに書かれてある記載と関係しているかどうかは今のところ不明ですが、黒鉱鉱山や縄文遺跡の位置と関係していることは絶対に間違いないと言い切ることができるようになってきました。


竹島・尖閣諸島と神社の驚く関係http://w312.k.fiw-web.net/hscp/Beginning%20of%20Shinto%20shrine/landscape.html
由良比女神社(隠岐國一宮)を出発した線は竹島(東島97mのピーク)を通り久遠神社(くどおじんじゃ、北海道久遠郡せたな町大成区本陣71)に90.01゜のすばらしい直角精度(補正内角)で到着します。これまで、遠方に到着する線は必ず神社群中心に到着する規則があると何度も説明しています。もし、久遠神社が神社群中心の位置にあれば、図K13に引いた線は確率から見て、信頼性の低いレイラインと違って、桁違いに信頼性の高い線になります。そうなら、北海道の神社は明治期にできたと未だに信じている人達は驚きで声も出なくなるでしょう。

図 K15は阿波国一宮(論社)である一宮神社を出発した線が竹島を経由して90.06度の高い直角精度でストーンサークル(国土地理院の表記)に到着することを示しています。
 ストーンサークル(朱円環状土籬)も神社群中心で、エレキジャック サイエンス No.1(CQ出版社)に紹介済みのポイントです。このポイントも知床稲荷神社と同じように、この記事を書いた時点では、まさか竹島や一宮と関係するポイントであるとは、全く考えていませんでした。図のような関係がわかっとき、一番驚いたのは本人そのものです。本当に不思議なことがあるものです。その不思議はまだ続きます。

縄文遺跡と神社の関係は発祥も時代も異なるとするのが一般の常識です。したがって、図 K15はどう考えても偶然に違いないと考える人が多いでしょう。そこで、図 K18を示します。ここでは、美作国一宮である中山神社を出発した線が竹島を経由して90.05゜の高い直角精度で釜石環状列石に到着していることを示しています。
二荒山神社中宮祠
36.741886,
139.486788
下野国一宮

大湯環状列石の周辺からは掘立て小屋-の跡が見つかっています。その柱跡を拡大して地図に重ねたものが図K26です。
ストーンサークルの中心からその柱を望むと、ちょうど竹島と古富士ポイントの方向と一致しています。

冬至の落日を示す、一宮とストーンサークル・縄文遺跡の不思議な関係

権現山
35.676721
139.015464
牛石遺跡(うしいしいせき)は、山梨県都留市厚原字牛石にある遺跡。縄文時代中期末 葉の曽利式住居跡を伴う配石遺構。
  緯度経度:. 北緯35度33分25.194秒 東経138度53分43.544秒 …http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/757
35.556875
138.89517

権現山→牛石遺跡
出発点 緯度 北緯 0°00′35.6767″
経度 東経 0°01′39.0155″
到着点 緯度 北緯 0°00′35.5569″
経度 東経 0°01′38.8952″

測地線長 5.233(m)
方位角 出発点→到着点 225°17′57.51″
到着点→出発点 45°17′57.51″

権現山→富士山
出発点 緯度 北緯 0°00′35.6767″
経度 東経 0°01′39.0155″
到着点 緯度 北緯 0°00′35.3628″
経度 東経 0°01′38.7307″

測地線長 13.057(m)
方位角 出発点→到着点 222°23′52.81″
到着点→出発点 42°23′52.81″


富士山
35.362785
138.73074

今から4000年位前)につくられたもの
縄文時代中期頃の富士山はどのようであったのでしょうか。同じ大幡川流域にある牛石 遺跡より西側にある久保地遺跡では縄文時代中期後半の竪穴住居がいくつかみつかっ ています。牛石遺跡よりわずかに古いムラになります。
縄文時代のストーンサークル牛石遺跡〔都留市〕http://www.pref.yamanashi.jp/maizou-bnk/topics/301-400/0372.html
牛石環状列石と縄文ランドスケープ
牛石遺跡にはもうひとつ山にかかわる選地の理由がわかっています。牛石遺跡のちょうど西側には三峠山がそびえております。この山は三つの峯からなるが中央の主峰である開運山(1785m)には、牛石遺跡環状列石から見ると春分、秋分に日が沈みます。この日は夏至と冬至をはさんだちょうど中間日にあたり、昼と夜の時間が同じとなる日です。夏至、冬至、春分、秋分をあわせて二至二分といい、どこに暮らしていようと同じであり、世界共通の日となります。牛石環状列石はこうした太陽の運行もあわせて意識して選地され、つくられているといえます。ちなみに夏至は、三ツ峠山の北にそびえてみえる鶴ヶ鳥屋山(1374m)の残念ながら山頂ではなく南側の斜面に日没点があります。冬至もとくに特徴はみられません。しかし、牛石環状列石は広大な台地の上で南側の富士山がみえるライン上と春秋分に三ツ峠山日没のライン上の交点にあることがわかります。

瀬下原 (しおせ ... 東端は、 海抜ー・3ーーmの権現山から 上 .... 2の牛石遺跡は、 桂川とその支流である大幡川が合流する地点に位置している。
塩瀬下原遺跡.https://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/8651/6408_1_%E5%A1%A9%E7%80%AC%E4%B8%8B%E5%8E%9F%E9%81%BA%E8%B7%A1.pdf#search=%27%E6%A8%A9%E7%8F%BE%E5%B1%B1+%E7%89%9B%E7%9F%B3%E9%81%BA%E8%B7%A1%27


権現山一里塚, 28, 352617.40, 1371844.52, 35.438166,137.312366, 89.61.
石の宝殿と益田岩船が縄文時代に設置された決定的証明http://w312.k.fiw-web.net/hscp/Beginning%20of%20Shinto%20shrine/hoden_masda.html
その後、牛石遺跡とギリシャの遺跡から発展した三重点の考え方は、山岳がなくても成立する場合が多いことがわかりました。こんなことを書くと新しい発見のように見えますが、見方を変えれば、干字状パターンの中心線になる古富士線と横棒が交差する2点もそれに相当することになります。とても不思議で自分ながらまさか-と思うような干字状パータンの存在をHSCPを発見した比較的に早い時期に発見していたので、いつまでもその原型にこだわっていました。不覚にも、それよりも単純な多重点の存在を考えることがありませんでした。
 牛石遺跡の例で、どうも考古学の専門家は少し早とちりしているのではないかと疑問を持ちながら、ギリシャを旅して、ようやく多重点の考え方に達したのです。こんな、簡単な考え方がこれまでできなかったことを、今になって悔やんでいます。もし、研究の初期にこれに気づいていれば、この研究の進捗は数倍先に進んでいたに違いありません。
 また、前置きが長くなってしまいましたが、ピギーバック配列について再度説明いたします。ピギーバック配列などわけのわからない言葉を使って大勢を煙に巻いていると皮肉を浴びたこともありますが、この発見時はとても興奮しました。古代人もやはり三角測量を使っていたのだと・・・・・、ところがその考えはどうも確かではないようだとする悩みも増えている此の頃です。とりあえずそれはさておき、皮肉を言われたこともるピギーバック配列について再度説明します。
注;ピギーバックは英語では「親亀の上に子亀かが乗り、更にまたその上に子亀が乗る状態を指します。まだその上に何個も亀が乗れる意味もあります、ロケットではこのイメージです」。私はかつてエレクトロニクスのエンジニアでした。(HPIBやGPIBと呼ばれる計測器用バスに使われるピギーバック方式のコネクターは一つのコネクターの上に16層も重ねて使用できるとても便利なもので、ここでは「ピギーバック」は当たり前のように使われていた言葉です。)
 ここではふたたび、古代人が正確に方位を知ることができたと主張を続けてこられた小林達雄國學院大學名誉教授とゆかりのある長者ヶ平遺跡を例にして説明をいたします。ここでは典型的なピギーバック配列を図H40で見ることができます。
 これまで全く謎であり、学者も確かな見解もなく、国土地理院の地図にも記載されていなかった石の宝殿に関して、★石の宝殿、益田岩船とウッドサークル・ストーンサークルとの驚く関係に書いてきました。ここに書かれた内容は松本清朝も全く歯が立たなかった謎に対して、科学的な確かな証拠をはじめてあげたと自負しています。
 しかし、石の宝殿を長者ヶ平遺跡のような縄文遺跡と同列に扱うことは、これまで誰も想像したこともなかった事柄でもあり、その反論を期待していました。しかし、反論は全くありませんでした。考えて見れば当たり前のことですね。考古学者のほとんどは興味を持とうともしないどころか、やはり他人事と考えているのでしょう。そこには、そんなことはあり得ない、「そんな能力は古代人が持っているわけはない」とした固定観念のもとで研究を続けてきたので、死ぬまでその考えを変えることができないとした悲しい性があるのでしょう。

権現山一里塚
35.438166
137.312366
権現山
35.676721
139.015464

ストーンサークルにもレイラインが存在するか http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=202

中国の測量が発達した要因は恐らく治水のためではないかと推測します。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1255513662?__ysp=56a5IOWPpOS7o%2Ba4rOmHjw%3D%3D

禹の測量の記録です。http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/3841
禹の測量は存在したのです。   (^_^)

ういき【禹域】http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3551
ハヤマは羽山とも書く。富士山の見える北限の山として知られる。
三角点のある山頂の露岩部には羽山神社が祀られており古くから地元の信仰の対象となっていたことがうかがえる。
富士山が見える北限http://blog.livedoor.jp/ibaraki_ja11/archives/6393723.html

緯度
日山:北緯37度32分23秒
羽山:北緯37度33分35秒
北限は、羽山

北遠距離(富士山からの距離)
日山:約299km
羽山:約297km
ということで日山の方が、数キロではあるが遠い

羽田羽山を信仰の山として羽山神社を守ってきたのは、羽田7軒と昔から呼ばれる、旧 羽田村の旧家の7軒であり、建立時期や由来は定かでないが、この7軒が中心となって 祭礼や諸事を行い、信仰を守ってきたそうである。http://www.town.kawamata.lg.jp/soshiki/5/kankou-yama8-seikatsu-ha.html
現在では、毎年4月に烏合内の人たちが中心になって祭礼を行っている。

中国地図作成の歴史(通史) ―常にトップを走り続けて来た中国の測量https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjca/53/3/53_3_17/_pdf
 

百:クォフ  越:エツ 東越は蛇種  呉・・・百足

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 4月19日(水)21時09分38秒
返信・引用
  百:クォフ  越:エツ 東越は蛇種  呉・・・百足
クォフ(Qoph) 双魚宮(うお座) 意味http://sacredstory.info/spiritual-framework/t_taro/the-moon/
魚は古代ローマではキリスト教徒のシンボルとしても使われていました。

ヘブライ語で 木 を意味する エツ 。 http://dic.pixiv.net/a/%E7%9F%A5%E6%81%B5%E3%81%AE%E5%AE%9F

エツ・ハ=ダアト・ トーヴ・ヴラ」は「全てのものの知識の木(全てのものを知る木)」とも解する事ができる。
知恵の実
ヘブライ文字について3 http://anima-mystica.jpn.org/imn/knowledge/knowle017.html

閩、東越は蛇種で、故に、文字は虫に従う。閩の音は旻(びん、ミン)である。」という注が 入れられており、これは、蛇トーテムという意味ですhttp://www.eonet.ne.jp/~temb/4/2_2.htm
福建省(古代の越地)に居住している槃瓠の子孫、ショオ(シェー)族の祖先伝承を採り挙げたものと思われます。魏、蜀、呉の三国時代は山越と呼ばれており、しばしば呉と戦っています。魏が卑弥呼に破格の待遇を授けたのも、このこと(山越と同族)が加味されているかもしれません。
 ショオ族という呼称は近年のもので、自称はサンハ(山客)といいます。古代のヤオ族の一支と扱って問題なく、日本に移住したのは、現在、中国内陸西南部に居住するヤオ族ではなくこちらです。サンカという日本の山々を漂流した部族との関連を感じさせます。玄中記は晋の郭璞(276~324)の作ですから、ヤオ族が、かなり古い時代から、越に展開していたことは確実で、帝嚳の頃というのが事実なら、夏后や殷を遡る中国黎明期のことです。

竜蛇信仰を巡る、長江流域「越」の国と古代日本の関係を考察するhttp://fushigi-chikara.jp/sonota/6561/
O2bの遺伝子系統を持つ越族が日本にやって来たのは、一般的に弥生時代と稲作の始まりの時代、現在では紀元前1000年頃からと考えられています。つまりこの人々が弥生人となったとする説です。
しかし越族は、もっと古くから日本列島に来ていたのではないかと考える説もあります。

六、呉、呉系楚、越の要素(概要)
 日本には呉、呉系楚(楚)、越の三系統の弥生人が渡来していました。実際にはもう少し複雑かもしれませんが、他は歴史に対する影響力、その痕跡を見出すことができません。渡来した人数と力が問題になるわけです。

女媧氏が土をこねて人を作ったという伝説に対応しますし、后土という土地神にも結び付きそうです。
呉王夫差をムカデhttp://www.eonet.ne.jp/~temb/4/2_3.htm
越人は東方に展開した苗系民族で、呉人はそれにアルタイ系(羌族系)要素を加えた形であることが明らかになっていますから、呉人の西方移動によって生まれたと考えられるプ・マン族等のモン・クメール系言語と、苗系言語が共通の基盤を持つとするのは正しいのです。苗系言語が土台にあります。

「姫姓は日なり。異姓は月なり」という言葉がありますから、呉は太陽です。それ故、祭りは太陽が顔を出す夜明けから日中に行われたでしょう。越や楚は月で、その祭りは日没から深夜にかけて行われることになります。
呉は太陽???

クレは暮れ。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1032042420?__ysp=44OY44OW44Op44Kk5paH5a2XICDjgq%2Fjg6w%3D

暮」=「莫」+「日」:=覆い 隠す+日=>日を覆い隠す=>太陽を覆い隠す=>くれるhttp://shoukei.blog65.fc2.com/category6-9.html

 「呉ゴ」 <身をくねらせて笑いこける>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/191908ea3df6ec46be946f50f31556f2
解字 「口(くち)+人が身をくねらせるさま」の会意。人が身をくねらせて口をあけ、笑いさざめく姿を表わす。娯の原字。古くから国名に当てる。
意味 (1)昔の中国の国名。長江下流の蘇州や南京を都とした国。「呉越同舟ゴエツドウシュウ」(反目している呉と越の人が同じ船に乗る)(2)中国の長江下流地域の総称。「呉音ゴオン」(3)[国]くれ(呉)。古く日本で中国を指 した呼称。「呉竹くれたけ」(呉くれから渡来した竹。)「呉織くれはとり」(大和朝廷に仕えた渡来系の機織りの技術者、また、その織物。はとりは、はたおりの略)(4)[国]くれる(呉れる)。与える。
イメージ  「笑いこける」 (呉・娯・誤)
       「身をくねらせる」 (虞・蜈)
百足
蜈蚣とは、ムカデ科の節足動物の総称。多数の足があり身をくねらせて 進む。蚣コウもむかでの意。百足とも書く

天皇制国家の源流7 ツングース(百済)やモンゴル(新羅)に追われた呉越 ...http://ameblo.jp/shitteokitaikoto/entry-11394068306.html

蛇ジャ 樹(紀)ジュ
J の子音発音はヘブライ語にはないですか?ジャ、ジュ、 ジェ、ジョと日本語で聞こえる音です。
ジュー
英語でユダヤ人を指す「ジュー(Jew )」も「ユダ」から来ている。http://ameblo.jp/prconsultant701938830/entry-12163319508.html

十字架
ユダヤ人たちにとっての十字架はまた特別な意味を持っていました。彼らの律法は、 十字架を「神に呪われた者の死」の形としていたからです。http://www.geocities.jp/tonaribito08/top/contents/13/motomu03.html

、「イエズス会」のマークもよく見ると太陽十字( ケルト十字)です
ケルト十字。「ドルイド教」で用いられたものと考えられます。http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=307865
この「ドルイド教」が後に「ゾロアスター教」となり、この「ゾロアスター教」の神官が「秦氏」となって日本にやってきました。
 

レンタル掲示板
/375