teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安市場 bag53(1)
  2. ブランド激安市場 bag53(1)
  3. ガガミラノコピー(0)
  4. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  5. ぽろりっ(0)
  6. つぶやきを俳句日記に(0)
  7. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


さくら城迷いはぐれや蝶の道

 投稿者:淡雪  投稿日:2017年 4月26日(水)21時11分56秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1723→1728
  サクラ城迷いはぐれや蝶の道
  水仙花時をこえて女学生
  中尊寺サクラ弁慶牛若丸
あの方の句
  蝶々を見失いたる欠伸かな
 
 

塀わきに3つのすみれ雪をぬけ

 投稿者:淡雪  投稿日:2017年 4月10日(月)18時21分37秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1720→1723 やっと3つ増え
  塀わきに3つのすみれ冬を抜け
  あんず花ピンク濃く咲き門飾る
  菜の花や夫が植えたお菜に咲き
あの方の句
  駈けおりて昇る岬や春の星
(迫力有。動きあり。)
 

ライン友あんずの花は多と1つ

 投稿者:淡雪  投稿日:2017年 3月31日(金)18時13分16秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1720のまま
  ライン友あんずの花は多と1つ
  老人の総会行きてはぎを食う
  金曜日春雨はつき呼ばず
あの方の句
  太陽をひとみと思う2月かな
俳句界4月号p28
  道化師のシルクハットよ銀杏散る  堀尾一夫
(動きがいきいきしている。道化の顔もにっこり。楽しい道での道化ショー)
母の歌
  ししむらのややにこけたる古希なれどクラス会和む幼な友がら
(母が同級会・・高校の・・を楽しんでいるのが伝わってくる。)
今日の句
  浮かれけり人や初瀬の山桜(山桜ー春)芭蕉  
 

掃除するのちに娘の春突風

 投稿者:淡雪  投稿日:2017年 3月28日(火)23時50分46秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1720→1720  +0
  掃除する娘の怒り春突風
  あちこちに春のめぶきとささやきと
  日の予定こなして芋干し食べコーヒー
あの方の句
  ありねよし龍の背中は山桜
俳句界4月号別冊p9
  除夜の鐘遠く復路の救急車 福岡 高山桂月
母の歌
  如月の二十日に母は逝きにけり梅の蕾の膨らむ朝を
(おばあちゃん・・・お母さんはこんなふうに母の死を詠んでいた・・。)
今日の句
  三文が霞見にけり遠眼鏡  (霞―春)一茶
母の歌
  
 

涙拭くむすめ見守る白梅花

 投稿者:淡雪  投稿日:2017年 3月23日(木)18時25分0秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1714→1720  +6 30日ぶり
  7年前産湯使えし孫卒園
  涙拭く娘みつめる白梅花
  卒園式見守り帰路に春うな丼
あの方の句
  建国の日や天井にうしおあり
 

目にひかりケルト音楽さくらもち

 投稿者:淡雪  投稿日:2017年 2月26日(日)22時07分48秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1706→1714 +7 14日ぶり
  目にひかりケルト音楽さくらもち
  娘も茹でるランチつくりや春進行
  ふきのとう8度の庭にいくつかが
  夕飯や娘がひさしぶりカリフラワー
  防寒着笑って笑ってピンポンパーン!
  朝風呂やアイデアうかぶ春笑顔

あの方の句
  きさらぎは雀飛び立つ硯かな
俳句界3月号別冊p9
  意志半分天命半分流れ星
母の歌
  土臭き生活の歌を褒められて初心の吾は生甲斐となす
今日の句
  京町の猫通ひけり揚屋町  (猫通いけりー春)其角
  
 

アーモンド白花まんかいグラシアス

 投稿者:紅香  投稿日:2017年 2月12日(日)05時16分9秒 72.red-81-32-126.dynamicip.rima-tde.net
返信・引用
  アーモンド白花咲いて春けはい
学生の中にちゃっかり桜草
バス5時間脚の疲れやすみれ花
 

節分や黙って夕飯そんな日々

 投稿者:淡雪  投稿日:2017年 2月 3日(金)20時57分55秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1699→1706   1月9日依頼約1ヶ月ぶり
  春近しアップの髪を切ってみる
  雪とけてすみれの黄色目にとまる
  節分や黙って夕飯そんな日々

あの方の句
  山腹へ列車を入れる牡丹雪
(優雅とラッセル車の豪快が印象的)
俳句界1月号p61
  霞立つ長き春日にこどもらと手まりつきつつ今日も暮らしつ  良寛
母の歌
  空地あれば花を植ゑつつ折々を楽しみてをり足萎ふ吾は
今日の句
  へばりつく冬草の戸や菜雑水  (冬草ー路通)



 

雪かきや高齢者の立ち話

 投稿者:淡雪  投稿日:2017年 1月 9日(月)19時38分34秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1697→1699に
  雪かきや高齢者の立ち話
  娘の病いつきあい10日ちゃんこ鍋
  娘も着物きた日あったり成人式
あの方の句
  出奔のごとく寒梅咲にけり
(動きが力強いが、白梅がどうしてか怖い・・・)
俳句界1月号p35
  初風呂に体沈めてより思案  いなはら こたろう
母の歌
  ヨーロッパ旅行勧むる娘の電話老いぬ先にと繰り返し言ふ
(43年前のこと。父と私は2週間のツアーに行った。)
今日の句
  正月や三日過ぐれば人古し  闌更
 

初日の出今年は無図目

 投稿者:淡雪  投稿日:2017年 1月 4日(水)18時14分40秒 softbank126016131072.bbtec.net
返信・引用
  1697のまま
  おさんどんできて初日を娘の家族と
  三九郎願いかなったダルマの目
  お雑煮やブリの塩焼き無事入れて
 

レンタル掲示板
/75